4.4. すべてのコンピュートノードの更新

以下の手順では、すべてのコンピュートノードを最新バージョンの OpenStack Platform 16.1 に更新します。このプロセスは、openstack overcloud update run コマンドに --limit Compute オプションを指定して、操作をコンピュートノードのみに制限して実行する必要があります。

並列処理に関する考慮事項

多数のコンピュートノードをアップグレードする場合は、パフォーマンスを向上させるために、--limit Compute オプションを指定して openstack overcloud upgrade run コマンドを実行し、20 ノードのバッチを並行して処理することができます。たとえば、デプロイメントに 80 のコンピュートノードがある場合、次のコマンドを実行して、コンピュートノードを並行して更新できます。

$ openstack overcloud update run --limit 'Compute[0:19]' > update-compute-0-19.log 2>&1 &
$ openstack overcloud update run --limit 'Compute[20:39]' > update-compute-20-39.log 2>&1 &
$ openstack overcloud update run --limit 'Compute[40:59]' > update-compute-40-59.log 2>&1 &
$ openstack overcloud update run --limit 'Compute[60:79]' > update-compute-60-79.log 2>&1 &

'Compute[0:19]''Compute[20:39]''Compute[40:59]'、および 'Compute[60:79]' のノード領域分割方法はランダムで、更新されるノードを制御することはできません。

特定のコンピュートノードを更新するには、バッチで更新するノードをコンマ区切りリストで指定します。

$ openstack overcloud update run --limit <Compute0>,<Compute1>,<Compute2>,<Compute3>
注記

デフォルトのスタック名 (overcloud) を使用していない場合は、--stack <stack_name> オプションでスタック名を設定します。<stack_name> は実際のスタック名に置き換えます。

手順

  1. stackrc ファイルを取得します。

    $ source ~/stackrc
  2. 更新コマンドを実行します。

    $ openstack overcloud update run --stack <stack_name> --limit Compute --playbook all
  3. コンピュートノードの更新が完了するまで待ちます。