2.4. container-tools および virt モジュールバージョンの設定

すべてのノードで正しいパッケージバージョンが使用されるように、container-tools モジュールをバージョン 2.0 に、virt モジュールを 8.2 に、それぞれ設定します。

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. stackrc ファイルを取得します。

    $ source ~/stackrc
  3. オーバークラウドの静的なインベントリーファイルを作成します。

    $ tripleo-ansible-inventory --ansible_ssh_user heat-admin --static-yaml-inventory ~/inventory.yaml

    デフォルトのオーバークラウド名 overcloud 以外のオーバークラウド名を使用する場合は、--plan オプションを使用して実際のオーバークラウドの名前を設定します。

  4. すべてのノードで container-tools モジュールをバージョン 2.0 に設定するタスクが含まれる Playbook を作成します。

    $ cat > ~/container-tools.yaml <<'EOF'
    - hosts: all
      gather_facts: false
      tasks:
        - name: disable default dnf module for container-tools
          command: dnf module disable -y container-tools:rhel8
          become: true
        - name: set dnf module for container-tools:2.0
          command: dnf module enable -y container-tools:2.0
          become: true
    
    - hosts: undercloud,Compute,Controller
      gather_facts: false
      tasks:
        - name: disable default dnf module for virt
          command: dnf module disable -y virt:rhel
          become: true
        - name: disable 8.1 dnf module for virt
          command: dnf module disable -y virt:8.1
          become: true
        - name: set dnf module for virt:8.2
          command: dnf module enable -y virt:8.2
          become: true
    EOF
  5. すべてのノードに対して container-tools.yaml Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -i ~/inventory.yaml -f 25 ~/container-tools.yaml