第1章 はじめに

本書で説明するワークフローは、お使いの Red Hat OpenStack Platform 16.1 環境が最新のパッケージおよびコンテナーで更新された状態を維持するのに役立ちます。

本ガイドは、以下のバージョンのアップグレードパスを提供します。

現在の OpenStack バージョン新しい OpenStack バージョン

Red Hat OpenStack Platform 16.0

Red Hat OpenStack Platform 16.1.z

Red Hat OpenStack Platform 16.1

Red Hat OpenStack Platform 16.1.z

1.1. ワークフローの概要

以下の表には、アップグレードのプロセスに必要なステップの概要をまとめています。

ステップ説明

アンダークラウドの更新

アンダークラウドを最新の OpenStack Platform 16.1.z バージョンに更新します。

オーバークラウドの更新

オーバークラウドを最新の OpenStack Platform 16.1.z バージョンに更新します。

Ceph Storage ノードの更新

すべての Ceph Storage サービスをアップグレードします。

アップグレードの最終段階

コンバージェンスのコマンドを実行して、オーバークラウドスタックをリフレッシュします。