2.2. Extended Update Support (EUS) リポジトリーへの変更

Red Hat OpenStack Platform サブスクリプションには、Red Hat Enterprise Linux 8.2 Extended Update Support (EUS) のリポジトリーが含まれます。EUS リポジトリーには、Red Hat Enterprise Linux 8.2 の最新のセキュリティーパッチおよびバグ修正が含まれています。更新を実行する前に、以下のリポジトリーに切り替えます。

標準のリポジトリーEUS リポジトリー

rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms

rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms

rhel-8-for-x86_64-appstream-eus-rpms

rhel-8-for-x86_64-appstream-eus-rpms

rhel-8-for-x86_64-highavailability-rpms

rhel-8-for-x86_64-highavailability-eus-rpms

重要

特定バージョンの Podman との互換性を維持するには、EUS リポジトリーを使用する必要があります。より新しいバージョンの Podman は Red Hat OpenStack Platform の本リリースに対してテストされておらず、予期せぬ結果を招く可能性があります。

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. stackrc ファイルを取得します。

    $ source ~/stackrc
  3. RhsmVars パラメーターが含まれるオーバークラウドのサブスクリプション管理用環境ファイルを編集します。通常、このファイルのデフォルト名は rhsm.yml です。
  4. サブスクリプション管理の設定で rhsm_repos パラメーターを確認します。このパラメーターに EUS リポジトリーが含まれていない場合は、該当するリポジトリーを EUS バージョンに変更します。

    parameter_defaults:
      RhsmVars:
        rhsm_repos:
          - rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms
          - rhel-8-for-x86_64-appstream-eus-rpms
          - rhel-8-for-x86_64-highavailability-eus-rpms
          - ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms
          - advanced-virt-for-rhel-8-x86_64-rpms
          - openstack-16.1-for-rhel-8-x86_64-rpms
          - rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms
          - fast-datapath-for-rhel-8-x86_64-rpms
  5. オーバークラウドのサブスクリプション管理用環境ファイルを保存します。
  6. オーバークラウドの静的なインベントリーファイルを作成します。

    $ tripleo-ansible-inventory --ansible_ssh_user heat-admin --static-yaml-inventory ~/inventory.yaml

    デフォルトのオーバークラウド名 overcloud 以外のオーバークラウド名を使用する場合は、--plan オプションを使用して実際のオーバークラウドの名前を設定します。

  7. すべてのノードで、リポジトリーを Red Hat Enterprise Linux 8.2 EUS に設定するタスクが含まれる Playbook を作成します。

    $ cat > ~/change_eus.yaml <<'EOF'
    - hosts: all
      gather_facts: false
      tasks:
        - name: change to eus repos
          command: subscription-manager repos --disable=rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms --disable=rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms --disable=rhel-8-for-x86_64-highavailability-rpms --enable=rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms --enable=rhel-8-for-x86_64-appstream-eus-rpms --enable=rhel-8-for-x86_64-highavailability-eus-rpms
          become: true
    EOF
  8. change_eus.yaml Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -i ~/inventory.yaml -f 25 ~/change_eus.yaml --limit undercloud,Controller,Compute

    すべての Red Hat OpenStack Platform ノードにコンテンツを適用するには、--limit オプションを使用します。Ceph Storage ノードに対してこの Playbook を実行しないでください。これらのノードには、別のサブスクリプションを使用している可能性が高いためです。