パート I. Red Hat OpenStack Platform ハイパーコンバージドインフラストラクチャーの設定およびデプロイ

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) ハイパーコンバージドインフラストラクチャー (HCI) は、ハイパーコンバージドノードで構成されます。リソースの使用率を最適化するために、サービスがこのハイパーコンバージドノード上で共存します。RHOSP HCI では、Compute サービスとストレージサービスがハイパーコンバージドノード上で共存します。ハイパーコンバージドノードのみのオーバークラウド、またはハイパーコンバージドノードを通常のコンピュートノードおよび Ceph Storage ノードと混在させたオーバークラウドをデプロイすることが可能です。

注記

Red Hat Ceph Storage をストレージプロバイダーとして使用する必要があります。

ヒント
  • Ceph のメモリー設定を自動的に調整するには、ceph-ansible 3.2 以降を使用します。
  • BlueStore のメモリー処理機能を利用するには、BlueStore を HCI デプロイメントのバックエンドとして使用します。

オーバークラウド上に HCI を作成およびデプロイし、オーバークラウドのネットワーク機能仮想化などのその他の機能と統合し、ハイパーコンバージドノード上の Compute サービスと Red Hat Ceph Storage サービス両方のパフォーマンスを最適な状態にするには、以下の手順を実施する必要があります。

  1. ハイパーコンバージドノード向けの事前定義されたカスタムオーバークラウドロール ComputeHCI を準備する。
  2. リソース分離を設定する。
  3. ストレージ管理ネットワークのポートを NIC にマッピングする。
  4. オーバークラウドをデプロイする。
  5. (オプション) ハイパーコンバージドノードをスケーリングする。