Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

8.4. オーバークラウドノードでの予測可能な NIC 名の使用

オーバークラウドノードで Leapp によるアップグレードを実施する前に、カーネルベースの NIC 名が使用されているかどうかを確認する必要があります。この NIC 名には、通常 eth の接頭辞が含まれます。NIC の割り当てに関して、通常これらの NIC 名は予測可能ではありません。

playbook-nics.yaml Playbook を実行して NIC の名前を変更し、インターフェイスの NIC 接頭辞を使用することができます。また、Playbook の実行時に prefix 変数を変更することで、別の NIC 接頭辞を設定することもできます。ただし、NIC の変更は、Leapp によるアップグレードプロセスが完了し、ノードがリブートされた後にのみ適用されます。

前提条件

  • アンダークラウドの準備プロセス中に作成された playbook-nics.yaml Playbookplaybook-nics.yaml Playbook は、イーサネットデバイス、ブリッジ、および Linux ボンディングを使用するほとんどのオーバークラウドネットワーク設定のシナリオに対応します。お使いの環境でこれらのデバイス種別以外の追加設定が必要な場合は、手順を進める前に以下の推奨事項に従ってください。

    • 実際のオーバークラウドノードと類似したネットワーク設定の別システムで Playbook をテストする。
    • Playbook を変更し、他のデバイス種別の設定内の eth 接頭辞の名称変更に対応する。
    • 以下の手順を完了したら、オーバークラウドノードのネットワーク設定を確認する。

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. すべてのオーバークラウドノードで playbook-nics.yaml Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -i ~/inventory.yaml playbook-nics.yaml

    この Playbook により、新しい NIC の接頭辞が em に設定されます。別の NIC 接頭辞を設定するには、Playbook の実行時に prefix 変数を設定します。

    $ ansible-playbook -i ~/inventory.yaml -e prefix="mynic" playbook-nics.yaml

    NIC の変更は、Leapp によるアップグレードプロセスが完了し、ノードがリブートされた後にのみ適用されます。