Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

25.3. オーバークラウドイメージのアップグレード

現在のオーバークラウドイメージを新しいバージョンに置き換える必要があります。新しいイメージにより、director は最新バージョンの OpenStack Platform ソフトウェアを使用してノードのイントロスペクションとプロビジョニングを行うことができるようになります。

前提条件

  • アンダークラウドが最新バージョンにアップグレードされていること

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. source コマンドで stackrc ファイルを読み込みます。

    $ source ~/stackrc
  3. オーバークラウドの QCOW2 アーカイブが含まれるパッケージをインストールします。

    $ sudo dnf install rhosp-director-images rhosp-director-images-ipa
  4. stack ユーザーのホーム下の images ディレクトリー (/home/stack/images) から既存のイメージを削除します。

    $ rm -rf ~/images/*
  5. アーカイブを展開します。

    $ cd ~/images
    $ for i in /usr/share/rhosp-director-images/overcloud-full-latest-16.1.tar /usr/share/rhosp-director-images/ironic-python-agent-latest-16.1.tar; do tar -xvf $i; done
    $ cd ~
  6. director に最新のイメージをインポートします。

    $ openstack overcloud image upload --update-existing --image-path /home/stack/images/
  7. ノードが新しいイメージを使用するように設定します。

    $ openstack overcloud node configure $(openstack baremetal node list -c UUID -f value)
重要

オーバークラウドノードをデプロイする際には、オーバークラウドイメージのバージョンが該当する heat テンプレートバージョンに対応している状態にします。たとえば、OpenStack Platform 16.1 のイメージは、OpenStack Platform 16.1 の heat テンプレートだけに使用してください。

重要

新しい overcloud-full イメージは、古い overcloud-full イメージを置き換えます。古いイメージに変更を加えた場合、特に今後新規ノードをデプロイする場合には、新しいイメージで変更を繰り返す必要があります。