Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第5章 アンダークラウドのオペレーティングシステムのアップグレード

director をアップグレードする前に、アンダークラウドのオペレーティングシステムを Red Hat Enterprise Linux 7 から Red Hat Enterprise Linux 8 にアップグレードする必要があります。このオペレーティングシステムのアップグレードの一環として、Red Hat OpenStack Platform 13 のパッケージを削除し、続いて Leapp ユーティリティーを実行してシステムパッケージをアップグレードする必要があります。このパッケージの削除およびオペレーティングシステムのアップグレードは、アンダークラウドのデータベースには影響を及ぼしません。オペレーティングシステムのアップグレードが完了したら、Red Hat OpenStack Platform 16.1 バージョンの director パッケージを再インストールします。

5.1. Red Hat OpenStack Platform director パッケージの削除

Leapp ユーティリティーを実行する前に、Red Hat Enterprise Linux 7 に関連付けられた Red Hat OpenStack Platform 13 パッケージを削除します。これらのパッケージ名には、リリースに関する接尾辞 el7ost が使用されます。一部の el7ost は、subscription-manager および Leapp ユーティリティーの依存関係としてシステム上に残ります。

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. アンダークラウド上の主要 OpenStack サービスを無効にします。

    $ sudo systemctl stop 'openstack-*' httpd haproxy mariadb 'rabbitmq*' docker xinetd
  3. OpenvSwitch およびアップグレードに必要な特定の Python 2 パッケージは除き、アンダークラウドから主要 OpenStack サービスを削除します。

    $ sudo yum -y remove '*el7ost*' 'galera*' 'haproxy*' \
        httpd 'mysql*' 'pacemaker*' xinetd python-jsonpointer \
        qemu-kvm-common-rhev qemu-img-rhev 'rabbit*' \
        'redis*' \
        -- \
        -'*openvswitch*' -python-docker -python-PyMySQL \
        -python-pysocks -python2-asn1crypto -python2-babel \
        -python2-cffi -python2-cryptography -python2-dateutil \
        -python2-idna -python2-ipaddress -python2-jinja2 \
        -python2-jsonpatch -python2-markupsafe -python2-pyOpenSSL \
        -python2-requests -python2-six -python2-urllib3 \
        -python-httplib2 -python-passlib -python2-netaddr -ceph-ansible
  4. /etc/httpd および /var/lib/docker ディレクトリーからコンテンツを削除します。

    $ sudo rm -rf /etc/httpd /var/lib/docker