Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

21.3. Pacemaker コントローラーノード以外のアップグレード

Pacemaker ベースのサービスが含まれないノードをすべて OpenStack Platform 16.1 にアップグレードします。これらのノードには、通常特定の OpenStack サービスが含まれます。Pacemaker ベースのサービスが含まれないロールの例は以下のとおりです。

  • Networker
  • Ironic Conductor
  • Object Storage
  • 標準のコントローラーノードから分割またはスケーリングしたサービスを持つカスタムロール

このグループには、以下のノードを含めないでください。

  • コンピュートノード
  • Ceph Storage ノード

このプロセスでは、各ノードのアップグレードを行います。

注記

デフォルトのスタック名 (overcloud) を使用していない場合は、--stack STACK NAME オプションでスタック名を設定します。STACK NAME は実際のスタック名に置き換えます。

手順

  1. stackrc ファイルを取得します。

    $ source ~/stackrc
  2. system_upgrade タグを指定してアップグレードコマンドを実行します。

    $ openstack overcloud upgrade run --stack STACK NAME --tags system_upgrade --limit overcloud-networker-0

    このコマンドにより、以下のアクションが行われます。

    • Leapp によるオペレーティングシステムのアップグレードを実施する。
    • Leapp によるアップグレードの一部としてリブートを実施する。
  3. タグを指定せずにアップグレードコマンドを実行します。

    $ openstack overcloud upgrade run --stack STACK NAME --limit overcloud-networker-0

    このコマンドにより、Red Hat OpenStack Platform のアップグレードが実施されます。

  4. 各ノードでアップグレードプロセスを繰り返し、すべてのコントローラーベースのノードをアップグレードします。