Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

21.2. Pacemaker ベースのノードのアップグレード

Pacemaker サービスをホストする全ノードを OpenStack Platform 16.1 にアップグレードします。以下のロールに Pacemaker ベースのサービスが含まれます。

  • Controller
  • Database (MySQL、Galera)
  • Messaging (RabbitMQ)
  • Load Balancing (HAProxy)
  • 以下のサービスが含まれるその他すべてのロール

    • OS::TripleO::Services::Pacemaker
    • OS::TripleO::Services::PacemakerRemote

このプロセスでは、ブートストラップノードから始めて各ノードをアップグレードします。

注記

デフォルトのスタック名 (overcloud) を使用していない場合は、--stack STACK NAME オプションでスタック名を設定します。STACK NAME は実際のスタック名に置き換えます。

手順

  1. stackrc ファイルを取得します。

    $ source ~/stackrc
  2. アンダークラウドノードで以下のコマンドを実行し、ブートストラップノードを特定します。

    $ tripleo-ansible-inventory --list --stack overcloud |jq .overcloud_Controller.hosts[0]
  3. ブートストラップノードをアップグレードします。

    1. ノードに Ceph Storage コンテナーが含まれていれば、ceph_systemd タグを指定して外部アップグレードコマンドを実行します。

      $ openstack overcloud external-upgrade run --stack <stack_name> --tags ceph_systemd -e ceph_ansible_limit=overcloud-controller-0

      <stack_name> は、実際のスタック名に置き換えます。

      このコマンドにより、以下の操作が行われます。

      • Podman 管理を使用するために、Ceph Storage コンテナーを制御する systemd ユニットを変更する。
      • ceph_ansible_limit 変数を使用して、アクションを選択したノードに制限する。

      このステップは、leapp によるアップグレードに向けて Ceph Storage サービスを準備するための予備的な処置です。

    2. system_upgrade タグを指定してアップグレードコマンドを実行します。

      $ openstack overcloud upgrade run --stack STACK NAME --tags system_upgrade --limit overcloud-controller-0

      このコマンドにより、以下のアクションが行われます。

      • Leapp によるオペレーティングシステムのアップグレードを実施する。
      • Leapp によるアップグレードの一部としてリブートを実施する。
    3. system_upgrade_transfer_data タグを指定して外部アップグレードコマンドを実行します。

      $ openstack overcloud external-upgrade run --stack STACK NAME --tags system_upgrade_transfer_data

      このコマンドにより、最新バージョンのデータベースが既存のノードからブートストラップノードにコピーされます。

    4. nova_hybrid_state タグを指定してアップグレードコマンドを実行し、upgrade_steps_playbook.yaml Playbook だけを実行します。

      $ openstack overcloud upgrade run --stack STACK NAME --playbook upgrade_steps_playbook.yaml --tags nova_hybrid_state --limit all

      このコマンドにより、コンピュートノード上の一時的な 16.1 コンテナーが起動します。これにより、後のステップでコンピュートノードをアップグレードする際に、ワークロードの移行が円滑に行われます。

    5. タグを指定せずにアップグレードコマンドを実行します。

      $ openstack overcloud upgrade run --stack STACK NAME --limit overcloud-controller-0

      このコマンドにより、Red Hat OpenStack Platform のアップグレードが実施されます。

  4. Pacemaker ベースの各ノードをアップグレードします。

    1. ノードに Ceph Storage コンテナーが含まれていれば、ceph_systemd タグを指定して外部アップグレードコマンドを実行します。

      $ openstack overcloud external-upgrade run --stack STACK NAME --tags ceph_systemd -e ceph_ansible_limit=overcloud-database-0

      このコマンドにより、以下の操作が行われます。

      • Podman 管理を使用するために、Ceph Storage コンテナーを制御する systemd ユニットを変更する。
      • ceph_ansible_limit 変数を使用して、アクションを選択したノードに制限する。

      このステップは、leapp によるアップグレードに向けて Ceph Storage サービスを準備するための予備的な処置です。

    2. 次のノードで、system_upgrade タグを指定してアップグレードコマンドを実行します。

      $ openstack overcloud upgrade run --stack STACK NAME --tags system_upgrade --limit overcloud-database-0

      このコマンドにより、以下のアクションが行われます。

      • Leapp によるオペレーティングシステムのアップグレードを実施する。
      • Leapp によるアップグレードの一部としてリブートを実施する。
    3. タグを指定せずにアップグレードコマンドを実行します。

      $ openstack overcloud upgrade run --stack STACK NAME --limit overcloud-controller-0,overcloud-database-0

      このコマンドにより、Red Hat OpenStack Platform のアップグレードが実施されます。このノードに加えて、前のステップでアップグレードしたすべてのノードを --limit オプションに含めます。

  5. 各 Pacemaker ベースのノードでアップグレードプロセスを繰り返し、すべての Pacemaker ベースのノードをアップグレードします。