Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.9. undercloud.conf ファイルの更新

引き続き Red Hat OpenStack Platform 13 環境からの元の undercloud.conf ファイルを使用できますが、Red Hat OpenStack Platform 16.1 との互換性を維持するために、ファイルを変更する必要があります。

手順

  1. アンダークラウドホストに stack ユーザーとしてログインします。
  2. undercloud.conf ファイルを編集します。
  3. ファイル内の DEFAULT セクションに、以下のパラメーターを追加します。

    container_images_file = /home/stack/containers-prepare-parameter.yaml

    director が正しい場所からアンダークラウドのコンテナーイメージをプルできるように、このパラメーターで containers-prepare-parameter.yaml 環境ファイルの場所を定義します。

  4. generate_service_certificate パラメーターを確認します。このパラメーターのデフォルト設定は、false から true に変更されます。これにより、アップグレード中にアンダークラウドで SSL/TLS が有効になります。
  5. 予測可能な NIC 命名規則に移行している場合は、local_interface パラメーターを確認してください。
  6. Red Hat OpenStack Platform 13 で masquerade_network パラメーターを設定した場合には、このパラメーターを削除して、サブネットごとに masquerade = true を設定します。
  7. ファイル内の他のすべてのパラメーターが変更されていないか確認します。
  8. ファイルを保存します。