Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.11. director のアップグレードの実施

director をアップグレードするには、以下の手順を実施します。

手順

  1. 以下のコマンドを実行して、アンダークラウド上の director をアップグレードします。

    $ openstack undercloud upgrade

    このコマンドにより、director の設定スクリプトが起動します。director によりパッケージがアップグレードされ、undercloud.conf の設定に合わせてサービスが設定されます。このスクリプトは、完了までに数分かかります。

    注記

    director の設定スクリプトでは、次の設定に進む前に確認が求められます。この確認を省略するには、-y オプションを使用します。

    $ openstack undercloud upgrade -y
  2. このスクリプトにより、アンダークラウド上の OpenStack Platform サービスのコンテナーも、すべて自動的に起動されます。systemd リソースでそれぞれのサービスを管理します。systemd リソースを確認します。

    $ sudo systemctl list-units "tripleo_*"

    systemd サービスでコンテナーを制御します。以下のコマンドを使用して、有効化されたコンテナーを確認してください。

    $ sudo podman ps
  3. スクリプトにより stack ユーザーが docker グループに追加され、stack ユーザーがコンテナー管理コマンドを使用できるようになります。以下のコマンドで stack ユーザーのアクセス権限をリフレッシュします。

    $ exec su -l stack

    このコマンドを実行すると、再度ログインが求められます。stack ユーザーのパスワードを入力します。

  4. stack ユーザーを初期化してコマンドラインツールを使用するには、以下のコマンドを実行します。

    $ source ~/stackrc

    プロンプトには、OpenStack コマンドがアンダークラウドに対して認証および実行されることが表示されるようになります。

    (undercloud) $

director のアップグレードが完了しました。