第3章 リポジトリー

本項では、アンダークラウドおよびオーバークラウドのリポジトリーについて説明します。特定の状況において、リポジトリーを有効にする必要がある場合は、本項を参照してください。

  • Red Hat カスタマーポータルに登録する際にリポジトリーを有効にする。
  • リポジトリーを有効にして Red Hat Satellite サーバーに同期させる。
  • Red Hat Satellite サーバーに登録する際にリポジトリーを有効化する。

3.1. アンダークラウドのリポジトリー

Red Hat OpenStack Platform 16.1 は、Red Hat Enterprise Linux 8.2 上で動作します。したがって、これらのリポジトリーからのコンテンツを該当する Red Hat Enterprise Linux バージョンにロックする必要があります。

注記

リポジトリーを Red Hat Satellite と同期する場合は、特定バージョンの Red Hat Enterprise Linux リポジトリーを有効にすることができます。ただし、選択したバージョンに関係なく、リポジトリーは同じままです。たとえば、BaseOS リポジトリーの 8.2 バージョンを有効にすることができますが、リポジトリー名は選択した特定のバージョンではなく rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms のままです。

警告

ここで指定する以外のリポジトリーは、サポートされません。別途推奨されない限り、以下の表に記載されている以外の製品またはリポジトリーを有効にしないでください。有効にすると、パッケージの依存関係の問題が発生する可能性があります。Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL) を有効にしないでください。

コアリポジトリー

以下の表には、アンダークラウドをインストールするためのコアリポジトリーをまとめています。

名前リポジトリー要件の説明

Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - BaseOS (RPMs) Extended Update Support (EUS)

rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms

x86_64 システム用ベースオペレーティングシステムのリポジトリー

Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - AppStream (RPMs)

rhel-8-for-x86_64-appstream-eus-rpms

Red Hat OpenStack Platform の依存関係が含まれます。

Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - High Availability (RPMs) Extended Update Support (EUS)

rhel-8-for-x86_64-highavailability-eus-rpms

Red Hat Enterprise Linux の高可用性ツール。コントローラーノードの高可用性に使用します。

Red Hat Ansible Engine 2.9 for RHEL 8 x86_64 (RPMs)

ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms

Red Hat Enterprise Linux 用 Ansible エンジン。最新バージョンの Ansible を提供するために使用されます。

Advanced Virtualization for RHEL 8 x86_64 (RPMs)

advanced-virt-for-rhel-8-x86_64-rpms

OpenStack Platform 用仮想化パッケージを提供します。

Red Hat Satellite Tools for RHEL 8 Server RPMs x86_64

satellite-tools-6.5-for-rhel-8-x86_64-rpms

Red Hat Satellite 6 でのホスト管理ツール

Red Hat OpenStack Platform 16.1 for RHEL 8 (RPMs)

openstack-16.1-for-rhel-8-x86_64-rpms

Red Hat OpenStack Platform のコアリポジトリー。Red Hat OpenStack Platform director のパッケージが含まれます。

Red Hat Fast Datapath for RHEL 8 (RPMS)

fast-datapath-for-rhel-8-x86_64-rpms

OpenStack Platform 用 Open vSwitch (OVS) パッケージを提供します。

Ceph リポジトリー

以下の表には、アンダークラウド用の Ceph Storage 関連のリポジトリーをまとめています。

名前リポジトリー要件の説明

Red Hat Ceph Storage Tools 4 for RHEL 8 x86_64 (RPMs)

rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms

Ceph Storage クラスターと通信するためのノード用のツールを提供します。オーバークラウドで Ceph Storage を使用する場合、アンダークラウドにはこのリポジトリーからの ceph-ansible パッケージが必要です。

IBM POWER 用リポジトリー

以下の表には、POWER PC アーキテクチャー上で Red Hat Openstack Platform を構築するためのリポジトリーを一覧にしてまとめています。コアリポジトリーの該当リポジトリーの代わりに、これらのリポジトリーを使用してください。

名前リポジトリー要件の説明

Red Hat Enterprise Linux for IBM Power, little endian - BaseOS (RPMs)

rhel-8-for-ppc64le-baseos-rpms

ppc64le システム用ベースオペレーティングシステムのリポジトリー

Red Hat Enterprise Linux 8 for IBM Power, little endian - AppStream (RPMs)

rhel-8-for-ppc64le-appstream-rpms

Red Hat OpenStack Platform の依存関係が含まれます。

Red Hat Enterprise Linux 8 for IBM Power, little endian - High Availability (RPMs)

rhel-8-for-ppc64le-highavailability-rpms

Red Hat Enterprise Linux の高可用性ツール。コントローラーノードの高可用性に使用します。

Red Hat Ansible Engine 2.8 for RHEL 8 IBM Power, little endian (RPMs)

ansible-2.8-for-rhel-8-ppc64le-rpms

Red Hat Enterprise Linux 用 Ansible エンジン。最新バージョンの Ansible を提供します。

Red Hat OpenStack Platform 16.1 for RHEL 8 (RPMs)

openstack-16.1-for-rhel-8-ppc64le-rpms

ppc64le システム用 Red Hat OpenStack Platform のコアリポジトリー

3.2. オーバークラウドのリポジトリー

Red Hat OpenStack Platform 16.1 は、Red Hat Enterprise Linux 8.2 上で動作します。したがって、これらのリポジトリーからのコンテンツを該当する Red Hat Enterprise Linux バージョンにロックする必要があります。

注記

リポジトリーを Red Hat Satellite と同期する場合は、特定バージョンの Red Hat Enterprise Linux リポジトリーを有効にすることができます。ただし、選択したバージョンに関係なく、リポジトリーは同じままです。たとえば、BaseOS リポジトリーの 8.2 バージョンを有効にすることができますが、リポジトリー名は選択した特定のバージョンではなく rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms のままです。

警告

ここで指定する以外のリポジトリーは、サポートされません。別途推奨されない限り、以下の表に記載されている以外の製品またはリポジトリーを有効にしないでください。有効にすると、パッケージの依存関係の問題が発生する可能性があります。Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL) を有効にしないでください。

コアリポジトリー

以下の表には、オーバークラウドをインストールするためのコアリポジトリーをまとめています。

名前リポジトリー要件の説明

Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - BaseOS (RPMs) Extended Update Support (EUS)

rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms

x86_64 システム用ベースオペレーティングシステムのリポジトリー

Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - AppStream (RPMs)

rhel-8-for-x86_64-appstream-eus-rpms

Red Hat OpenStack Platform の依存関係が含まれます。

Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - High Availability (RPMs) Extended Update Support (EUS)

rhel-8-for-x86_64-highavailability-eus-rpms

Red Hat Enterprise Linux の高可用性ツール。

Red Hat Ansible Engine 2.9 for RHEL 8 x86_64 (RPMs)

ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms

Red Hat Enterprise Linux 用 Ansible エンジン。最新バージョンの Ansible を提供するために使用されます。

Advanced Virtualization for RHEL 8 x86_64 (RPMs)

advanced-virt-for-rhel-8-x86_64-rpms

OpenStack Platform 用仮想化パッケージを提供します。

Red Hat Satellite Tools for RHEL 8 Server RPMs x86_64

satellite-tools-6.5-for-rhel-8-x86_64-rpms

Red Hat Satellite 6 でのホスト管理ツール

Red Hat OpenStack Platform 16.1 for RHEL 8 (RPMs)

openstack-16.1-for-rhel-8-x86_64-rpms

Red Hat OpenStack Platform のコアリポジトリー

Red Hat Fast Datapath for RHEL 8 (RPMS)

fast-datapath-for-rhel-8-x86_64-rpms

OpenStack Platform 用 Open vSwitch (OVS) パッケージを提供します。

Red Hat Ceph Storage Tools 4 for RHEL 8 x86_64 (RPMs)

rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms

Red Hat Enterprise Linux 8 での Red Hat Ceph Storage 4 用ツール

Ceph リポジトリー

以下の表には、オーバークラウド用の Ceph Storage 関連のリポジトリーをまとめています。

名前リポジトリー要件の説明

Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - BaseOS (RPMs)

rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms

x86_64 システム用ベースオペレーティングシステムのリポジトリー

Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - AppStream (RPMs)

rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms

Red Hat OpenStack Platform の依存関係が含まれます。

Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - High Availability (RPMs)

rhel-8-for-x86_64-highavailability-rpms

Red Hat Enterprise Linux の高可用性ツール。

Red Hat Ansible Engine 2.9 for RHEL 8 x86_64 (RPMs)

ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms

Red Hat Enterprise Linux 用 Ansible エンジン。最新バージョンの Ansible を提供するために使用されます。

Red Hat OpenStack Platform 16.1 Director Deployment Tools for RHEL 8 x86_64 (RPMs)

openstack-16.1-deployment-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms

director が Ceph Storage ノードを設定するのに役立つパッケージ

Red Hat Ceph Storage OSD 4 for RHEL 8 x86_64 (RPMs)

rhceph-4-osd-for-rhel-8-x86_64-rpms

(Ceph Storage ノード向け) Ceph Storage Object Storage デーモンのリポジトリー。Ceph Storage ノードにインストールします。

Red Hat Ceph Storage MON 4 for RHEL 8 x86_64 (RPMs)

rhceph-4-mon-for-rhel-8-x86_64-rpms

(Ceph Storage ノード向け) Ceph Storage Monitor デーモンのリポジトリー。Ceph Storage ノードを使用して OpenStack 環境にあるコントローラーノードにインストールします。

Red Hat Ceph Storage Tools 4 for RHEL 8 x86_64 (RPMs)

rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms

Ceph Storage クラスターと通信するためのノード用のツールを提供します。このリポジトリーは、Ceph Storage クラスターを使用するオーバークラウドをデプロイする際に、全ノードに有効化する必要があります。

リアルタイムリポジトリー

以下の表には、リアルタイムコンピュート (RTC) 機能用リポジトリーをまとめています。

名前リポジトリー要件の説明

Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - Real Time (RPMs)

rhel-8-for-x86_64-rt-rpms

リアルタイム KVM (RT-KVM) のリポジトリー。リアルタイムカーネルを有効化するためのパッケージが含まれています。RT-KVM 対象の全コンピュートノードで、このリポジトリーを有効にします。注記: このリポジトリーにアクセスするには、別途 Red Hat OpenStack Platform for Real Time SKU のサブスクリプションが必要です。

Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - Real Time for NFV (RPMs)

rhel-8-for-x86_64-nfv-rpms

NFV 向けのリアルタイム KVM (RT-KVM) のリポジトリー。リアルタイムカーネルを有効化するためのパッケージが含まれています。RT-KVM 対象の全 NFV コンピュートノードで、このリポジトリーを有効にします。注記: このリポジトリーにアクセスするには、別途 Red Hat OpenStack Platform for Real Time SKU のサブスクリプションが必要です。

IBM POWER 用リポジトリー

以下の表には、POWER PC アーキテクチャー上で OpenStack Platform を構築するためのリポジトリーをまとめています。コアリポジトリーの該当リポジトリーの代わりに、これらのリポジトリーを使用してください。

名前リポジトリー要件の説明

Red Hat Enterprise Linux for IBM Power, little endian - BaseOS (RPMs)

rhel-8-for-ppc64le-baseos-rpms

ppc64le システム用ベースオペレーティングシステムのリポジトリー

Red Hat Enterprise Linux 8 for IBM Power, little endian - AppStream (RPMs)

rhel-8-for-ppc64le-appstream-rpms

Red Hat OpenStack Platform の依存関係が含まれます。

Red Hat Enterprise Linux 8 for IBM Power, little endian - High Availability (RPMs)

rhel-8-for-ppc64le-highavailability-rpms

Red Hat Enterprise Linux の高可用性ツール。コントローラーノードの高可用性に使用します。

Red Hat Ansible Engine 2.8 for RHEL 8 IBM Power, little endian (RPMs)

ansible-2.8-for-rhel-8-ppc64le-rpms

Red Hat Enterprise Linux 用 Ansible エンジン。最新バージョンの Ansible を提供するために使用されます。

Red Hat OpenStack Platform 16.1 for RHEL 8 (RPMs)

openstack-16.1-for-rhel-8-ppc64le-rpms

ppc64le システム用 Red Hat OpenStack Platform のコアリポジトリー

3.3. Red Hat Satellite 6 に関する考慮事項

Red Hat Satellite 6 を使用して Red Hat OpenStack Platform 環境用の RPM およびコンテナーイメージをホストする場合、Red Hat OpenStack Platform 16.1 のアップグレード中に Satellite 6 を使用してコンテンツを提供する際には、特定の考慮事項があります。

現在の環境についての仮定

  • Satellite サーバーがすでに Red Hat OpenStack Platform 13 の RPM およびコンテナーイメージをホストしている。
  • Red Hat OpenStack Platform 13 環境内の全ノードをすでに Satellite サーバーに登録している。たとえば、以前に Red Hat OpenStack Platform 13 のコンテンツビューにリンクされたアクティベーションキーを使用して、ノードを OpenStack Platform 13 のコンテンツに登録した。

Red Hat OpenStack Platform のアップグレードに関する推奨事項

  • Red Hat OpenStack Platform 13 のアンダークラウドおよびオーバークラウドの両方に必要な RPM リポジトリーを有効にして同期します。これには、必要な Red Hat Enterprise Linux 8.2 リポジトリーが含まれます。
  • Satellite サーバーにカスタム製品を作成し、以下の Red Hat OpenStak Platform バージョン用のコンテナーイメージをホストします。

    • Red Hat OpenStack Platform 16.1
    • Red Hat OpenStack Platform 15
  • Red Hat OpenStack Platform 16.1 アップグレード用のコンテンツビューを作成してプロモートし、以下のコンテンツをコンテンツビューに含めます。

    • Red Hat Enterprise Linux 8.2 リポジトリーを含む、アンダークラウドおよびオーバークラウドの全 RPM リポジトリー
    • Red Hat OpenStack Platform 16.1 コンテナーイメージ
    • Red Hat OpenStack Platform 15 コンテナーイメージ
  • Red Hat OpenStack Platform 16.1 へのアップグレード用のアクティベーションキーを作成し、そのアクティベーションキーを Red Hat OpenStack Platform 16.1 のコンテンツビューに関連付けます。このアクティベーションキーを Red Hat Enterprise Linux 8.2 に固定します。
  • どのノードにも katello-host-tools-fact-plugin パッケージがインストールされていないことを確認します。Leapp によるアップグレードではこのパッケージがアップグレードされず、パッケージが Red Hat Enterprise Linux 8.2 システムに残されるので、subscription-manager がエラーを報告します。