Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

11.6. Satellite Server を使用するための Leapp の準備

Satellite Server 6 を使用して RPM コンテンツをホストする場合は、以下の準備手順を実施して、Satellite を使用して Leapp によるアップグレードが正常に完了するようにします。

前提条件

  • Red Hat OpenStack Platform 16.1 および Red Hat Enterprise Linux 8.2 のリポジトリーにリンクされた Satellite Server のアクティベーションキーを作成している。
  • オーバークラウドノードの Ansible インベントリーファイルを生成している。
  • Satellite Server で Red Hat OpenStack Platform 16.1 アップグレード用のコンテンツビューを作成してプロモートし、アップグレードに必要なリポジトリーを追加している。詳細は、Red Hat Satellite Server 6 に関する考慮事項 を参照してください。
  • taCeph のサブスクリプションを使用し、Ceph ストレージノード用に overcloud-minimal イメージを使用するように director を設定している場合、Satellite Server でコンテンツビューを作成し、以下の Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8.2 リポジトリーを追加する必要があります。

    • Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - AppStream (RPMs)

      rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms
      x86_64 8.2
    • Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - BaseOS (RPMs)

      rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms
      x86_64 8.2

      詳細は、Red Hat Satellite コンテンツ管理ガイドRed Hat コンテンツのインポート および コンテンツビューの管理 を参照してください。

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. playbook-satellite.yaml という名前のファイルを作成し、以下のコンテンツをファイルに貼り付けます。

    - name: Pre-install leapp
      hosts: overcloud
      become: yes
      tasks:
        - name: Pre-install leapp
          yum:
            name:
              - leapp
              - leapp-repository
            state: installed
        - name: Remove katello-host-tools-fact-plugin
          yum:
            name:
              - katello-host-tools-fact-plugin
            state: removed
        - name: Register system
          redhat_subscription:
            activationkey: "osp16-key"
            org_id: "ACME"
            server_hostname: "satellite.example.com"
            rhsm_baseurl: "https://satellite.example.com/pulp/repos"
            force_register: True

    お使いの Satellite Server に合わせて redhat_subscription 変数を変更します。

  3. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -i ~/inventory.yaml playbook-satellite.yaml