第15章 ネットワーク機能仮想化 (NFV) の準備

ネットワーク機能仮想化 (NFV) を使用する場合は、オーバークラウドのアップグレードに向けて準備タスクを完了する必要があります。

15.1. ネットワーク機能仮想化 (NFV) 用環境ファイル

典型的な NFV ベースの環境では、以下のようなサービスを有効にすることができます。

  • Single-root input/output virtualization (SR-IOV)
  • Data Plane Development Kit (DPDK)

Red Hat OpenStack Platform 16.1 へのアップグレードに対応するために、これらのサービスに対して特定の再設定を行う必要はありません。ただし、NFV 機能を有効にする環境ファイルは、以下の要件を満たすようにしてください。

  • NFV 機能を有効にするデフォルトの環境ファイルは、Red Hat OpenStack Platform 16.1 openstack-tripleo-heat-templates コレクションの environments/services ディレクトリーにあります。Red Hat OpenStack Platform 13 デプロイメントに openstack-tripleo-heat-templates からのデフォルト NFV 環境ファイルを追加している場合は、Red Hat OpenStack Platform 16.1 での該当機能の正しい環境ファイルの場所を確認してください。

    • Open vSwitch (OVS) ネットワークおよび SR-IOV: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/neutron-ovs-sriov.yaml
    • Open vSwitch (OVS) ネットワークおよび DPDK: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/neutron-ovs-dpdk.yaml
  • Red Hat OpenStack Platform 13 から Red Hat OpenStack Platform 16.1 へのアップグレード中に OVS との互換性を維持するには、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/neutron-ovs.yaml 環境ファイルを追加する必要があります。環境ファイルを指定してデプロイメントおよびアップグレードのコマンドを実行する際には、neutron-ovs.yaml ファイルの後に NFV 関連の環境ファイルをすべて追加する必要があります。たとえば、OVS および NFV 用環境ファイルを指定して openstack overcloud upgrade prepare を実行する場合は、以下の順序でファイルを追加します。
  • OVS 用環境ファイル
  • SR-IOV 用環境ファイル
  • DPDK 用環境ファイル

    $ openstack overcloud upgrade prepare \
        ...
        -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/neutron-ovs.yaml \
        -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/neutron-ovs-sriov.yaml \
        -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/neutron-ovs-dpdk.yaml \
        ...