Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

16.2. デプロイメントに追加する新たな環境ファイル

通常のオーバークラウドの環境ファイルに加えて、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 16.1 へのアップグレードを円滑に行うために、新しい環境ファイルを追加する必要があります。

ファイル備考

/home/stack/templates/upgrades-environment.yaml

このファイルには、アップグレードに固有のパラメーターが含まれます。このファイルは、アップグレード期間中にのみ必要です。openstack overcloud upgrade converge を実行した後は、このファイルを破棄します。

/home/stack/templates/rhsm.yaml

このファイルには、オーバークラウドの登録およびサブスクリプション情報が含まれます。このファイルにより、お使いのシステムを Red Hat カスタマーポータルまたは Red Hat Satellite Server のいずれかに登録します。

/home/stack/containers-prepare-parameter.yaml

ソースおよび準備の手順が含まれるファイルです。これは、アンダークラウドのアップグレードに使用するファイルと同じです。

/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/neutron-ovs.yaml

OpenStack Platform 16.1 では、デフォルトのネットワークバックエンドとして Open Virtual Network (OVN) が使用されます。しかし、OpenStack Platform 13 では Open vSwitch (OVS) が使用されていました。アップグレード中に OVS との互換性を維持するために、このファイルを追加します。OpenStack Platform 16.1 のドキュメントには、アップグレード後に OVS から OVN に移行するための手順が記載されています。

以下のコマンドを実行する際に、環境ファイル一覧の最後にこれらのファイルを追加します。

  • openstack overcloud upgrade prepare
  • openstack overcloud upgrade converge
  • openstack overcloud deploy