Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.4. Red Hat OpenStack Platform での Leapp アップグレードの使用

ロングライフバージョンの Red Hat OpenStack Platform をアップグレードするには、ベースオペレーティングシステムを Red Hat Enterprise Linux 7 から Red Hat Enterprise Linux 8 にアップグレードする必要があります。Red Hat Enterprise Linux 7 では、Leapp ユーティリティーを使用して Red Hat Enterprise Linux 8 へのアップグレードを実施します。Leapp およびその依存関係を利用できるようにするには、以下の Red Hat Enterprise Linux 7 リポジトリーが有効であることを確認します。

  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server RPMs x86_64 7Server または Red Hat Enterprise Linux 7 Server RPMs x86_64 7.9

    rhel-7-server-rpms
    x86_64 7Server
    or:
    rhel-7-server-rpms
    x86_64 7.9
  • Red Hat Enterprise Linux 7 Server - Extras RPMs x86_64

    rhel-7-server-extras-rpms
    x86_64

詳細は、アップグレードに向けて RHEL 7 システムの準備 を参照してください。

オペレーティングシステムのアップグレードを実施する際、アンダークラウドとオーバークラウドでは別個のプロセスが使用されます。

アンダークラウドのプロセス

openstack undercloud upgrade コマンドを実行する前に、手動で leapp によるアップグレードを行います。アンダークラウドのアップグレードには、leapp によるアップグレードを実施する手順が含まれます。

オーバークラウドのプロセス

オーバークラウドのアップグレードフレームワークでは、leapp によるアップグレードが自動的に実施されます。

制限

アップグレードに影響を及ぼす可能性のある制限の詳細は、RHEL 7 から RHEL 8 へのアップグレードの以下のセクションを参照してください。

特に、ディスク全体またはパーティションで暗号化が使用される (LUKS 暗号化、ファイルシステムの暗号化など) ノードで Leapp によるアップグレードを行うことはできません。この制限は、dmcrypt: true パラメーターで設定した CephOSD ノードに影響します。

既知の制限がお使いの環境に影響を及ぼす場合は、Red Hat Technical Support Team にアドバイスを求めてください。

トラブルシューティング

Leapp が原因と考えられる問題のトラブルシューティングに関する詳細は、RHEL 7 から RHEL 8 へのアップグレードトラブルシューティング を参照してください。