Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.7. アップグレードを妨げる可能性のある既知の問題

アップグレードの正常な完了に影響を及ぼす可能性のある、以下の既知の問題を確認してください。

BZ#1997351 -(13→16.1)ブートストラップコントローラーのアップグレード後にインスタンスにアクセスできない
ML2-OVN でデプロイされた Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 13 環境をアップグレードすると、コントローラーノードのアップグレードプロセスに失敗する可能性があります。Leapp のリブート後に、SELinux パーミッションが拒否されることが原因で ovn-dbs コンテナーが起動しないことがあります。BZ#1997351 のバグを回避する方法は、Red Hat ナレッジベースのソリューション OVN fails to configure after reboot during OSP-13 → OSP-16.1 FFU を参照してください。
BZ#1902849 - 以前に osp8、osp10 からアップグレードしたクラスターで osp13-osp16.1 ffu が失敗する
以前にバージョン RHOSP 10 からアップグレードした Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 環境には、BZ#1902849 を避けるために python-docker パッケージが必要です。詳細は、Red Hat ナレッジベースのソリューション osp13-osp16.1 ffu fails on older environments missing python-docker package を参照してください。
BZ#1925078 - RHOSP13-16.1 FFU: 間違った ceph イメージを参照して失敗した後、オーバークラウドのアップグレードがコントローラーで停止する

OSP13 で UEFI ブートおよび UEFI ブートローダーを使用するシステムは、UEFI の問題が発生し以下のような状況に陥る可能性があります。

  • /etc/fstab が更新されない
  • EFI システムで grub-install が誤って使用される

詳細は、Red Hat ナレッジベースのソリューション FFU 13 to 16.1: Leapp fails to update the kernel on UEFI based systems and /etc/fstab does not contain the EFI partition を参照してください。

システムで UEFI が使用されている場合は、Red Hat Technical Support にお問い合わせください。

BZ#1895887 - [FFWD] ovs+dpdk fail to attach device OvsDpdkHCI

Leapp ユーティリティーを使用してアップグレードした後、OVS-DPDK 負荷を持つコンピュートノードが正しく機能しません。この問題を解決するには、次のいずれかの操作を行います。

コンピュートノードをアップグレードする前に、/etc/modules-load.d/vfio-pci.conf ファイルを削除します。

または

コンピュートノードのアップグレード後に、コンピュートノードで ovs-vswitchd サービスを再起動します。

この問題は RHOSP 16.1.3 に影響を及ぼします。詳細については、Red Hat ナレッジベースのソリューション OVS-DPDK errors after Framework Upgrade from OSP 13 to 16.1 on HCI compute node を参照してください。

BZ#1936419 - FFU 13-16.1 アップグレード: ceph ノードでの Leapp アップグレードは、leap パラメーターが Fast datapath リポジトリーを有効にしようとして失敗する

Ceph のサブスクリプションを使用し、Ceph ストレージノード用に overcloud-minimal イメージを使用するように director を設定している場合、Leapp の制限により Ceph ストレージノードのオペレーティングシステムのアップグレードに失敗する可能性があります。この問題を回避するには、system_upgrade の実行ステップの後に、Ceph ノードにログインして RHEL のマイナーリリースバージョンの設定を解除し、利用可能な最新の RHEL マイナーリリースバージョンに更新し、ノードをリブートする必要があります。

Leapp アップグレード用の RPM コンテンツをホストするのに Red Hat Satellite Server を使用している場合、使用するコンテンツビューに以下の 8.2 リポジトリーを追加する必要があります。

  • Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - AppStream (RPMs)

    rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms
    x86_64 8.2
  • Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - BaseOS (RPMs)

    rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms
    x86_64 8.2

    本ガイドには、この問題を避けるための回避策が含まれています。

BZ#2016144 - FFU 13-16.1: Leapp アップグレードの再起動時に openvswitch が Starting ovsdb-server ovsdb-server: /var/run/openvswitch/ovsdb-server.pid.tmp: create failed (Permission denied) とのエラーで起動に失敗する
以前のバージョンからアップグレードされた Red Hat Open Stack Platform (RHOSP) 環境には、/etc/systemd/system/ovs*に不要なファイルが含まれている可能性があります。RHOSP 13 から RHOSP 16.1 へのオーバークラウドのアップグレードプロセスを開始する前に、これらのファイルを削除する必要があります。
BZ#2008976 - Leapp の依存関係で失敗した Leapp アップグレード後の Python2 パッケージがクリーンアップする

Leapp バージョン 5.0.8-100.202109241452Z.1332835 では、Leapp パッケージを保持する DNF のexcludeオプションのため、python2Leapp パッケージの自動削除は失敗します。

UpgradeInitCommandパラメーターを環境ファイルに追加し、DNF の exclude ステートメントを削除します。

parameter defaults:
  UpgradeInitCommand: "sudo dnf config-manager --save --setopt exclude=''"

詳しくは、アップグレード環境ファイルの作成をご覧ください。

BZ#1978228 - OSP13→16.2 Leapp アップグレードが TLSEverywhere で失敗する
お使いの環境で TLS-Everywhere を使用していて、authconfigからauthselectに移行したい場合は、authselect_check.confirmパラメーターをTrueに設定してください。それ以外の場合は、この値をFalseに設定します。詳しくは、アップグレード環境ファイルの作成をご覧ください。
BZ#2021525 - openstack オーバークラウドアップグレード実行がタイムアウトする / HAProxy コンテナーが起動しない
Red Hat Open Stack Platform (RHOSP) 13 から RHOSP 16.1 へのアップグレードは、無効な SELinux ラベルが原因でデプロイメントステップ中に失敗することがあります。解決策や詳細については、Red Hat ナレッジベースのソリューションPacemaker managed services might not restart during an OSP13 - OSP16.x FFUを参照してください。
BZ#2015325 - FFU: upgrade failed during "Upgrade Mysql database from a temporary container" step
Red Hat Enterprise Linux にはmariadb-server 用のアップグレード可能な RPM が含まれていますが、これが Red Hat Open Stack Platform (RHOSP) のコンテナー化された mariadb のアップグレードを妨害します。RHOSP のアップグレードを行う前に、コントローラーホストからmariadb-serverパッケージを削除します。詳しくは、アップグレード環境ファイルの作成をご覧ください。
BZ#2024447 - FFU RHOSP 13 から 16 の FFU 実行中に、配置ユーザーの ID サービス (keystone) パスワードが NovaPassword によって上書きされていた

Red Hat OpenStack Platform 13 から 16.1 へのアップグレード中に、NovaPassword パラメーターの値を定義し、PlacementPassword パラメーターの値を定義しない場合、NovaPassword パラメーターは配置ユーザーの OpenStack Identity サービス (keystone) パスワードをオーバーライドします。Identity サービスのパスワードを保存するには、parameter_defaults セクションに NovaPassword または PlacementPassword を設定しないでください。

parameter_defaults セクションで両方のパスワードを設定すると、コンピュートノードはアップグレードされるまでコントロールプレーンと通信できなくなる可能性があります。コンピュートノードのアップグレードの詳細は、コンピュートノードのアップグレード を参照してください。

また、NovaPasswordPlacementPassword のいずれか、またはその両方を使用してオーバークラウドを RHOSP 13 にデプロイしている場合、これらのパスワードをテンプレートから削除し、RHOSP 16.1 にアップグレードする前に RHOSP 13 で openstack overcloud deploy コマンドを実行する必要があります。

Red Hat Ceph Storage の問題

BZ#1855813 - Ceph ツールのリポジトリーは外部アップグレードを実行する前かつコンバージ後のみに RHCS3 から RHCS4 に切り替える必要がある
アンダークラウド上の ceph-ansible Playbook コレクションにより、オーバークラウド上に Red Hat Ceph Storage コンテナーがデプロイされます。環境をアップグレードするには、アップグレードプロセス中 Ceph Storage 3 コンテナーを維持するために、Red Hat Ceph Storage 3 バージョンの ceph-ansible が必要です。本ガイドには、Ceph Storage 4 へのアップグレード準備が整うまで、アップグレードプロセス中 ceph-ansible バージョン 3 を維持する手順が含まれています。13 から 16.1 へのアップグレードを実施する前に、Red Hat OpenStack Platform 13 環境のマイナーバージョン更新を実施し、ceph-ansible のバージョンが 3.2.46 以降になるようにしてください。