Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

9.8. 従来のテレメトリーサービスを維持する場合の考慮事項

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 16.1 では、Service Telemetry Framework (STF) を優先し、OpenStack Telemetry のコンポーネントは非推奨になりました。したがって、アップグレード後は従来のテレメトリーコンポーネントは有効ではありません。

自動スケーリングまたは CloudForms サービスを使用する場合は、従来のテレメトリーサービスを維持する必要があります。

従来の RHOSP 13 Telemetry サービスをそのまま使用するには、openstack overcloud upgrade prepare および openstack overcloud upgrade converge コマンドを実行する時に、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/enable-legacy-telemetry.yaml 環境ファイルを追加します。

アップグレード後にオーバークラウドを更新するたびに、enable-legacy-telemetry.yaml 環境ファイルも追加する必要があります。

従来のテレメトリーサービスは、STF への移行を促進するためにのみ利用可能で、RHOSP の将来のバージョンでは削除される予定です。