第1章 DCN について

分散コンピュートノード (DCN) アーキテクチャーはエッジのユースケース用で、共通の中央コントロールプレーンを共有しながら、リモートコンピュートノードとストレージノードをリモートでデプロイできるようにします。DCN アーキテクチャーにより、ワークロードを運用上のニーズのより近くに配置して、より優れたパフォーマンスを得ることができます。

中央サイトは任意のロールで構成することができますが、最低でも 3 つのコントローラーが必要です。コンピュートノードは、中央サイト以外にエッジサイトに設定することができます。

DCN アーキテクチャーは、ハブとスポークによるルーティング対応ネットワークのデプロイメントです。DCN は、Red Hat OpenStack Platform director を使用した、ルーティング対応プロビジョニングおよびコントロールプレーンネットワーク向けのスパイン/リーフ型デプロイメントと類似しています。

  • ハブは、コアルーターおよびデータセンターゲートウェイ (DC-GW) が含まれる中央サイトです。
  • スポークはリモートのエッジサイトまたはリーフです。

エッジロケーションにはコントローラーがなく、Red Hat OpenStack Platform の従来のデプロイメントとアーキテクチャー的に異なります。

  • コントロールプレーンサービスは、中央サイトでリモートで実行される。
  • Pacemaker がインストールされない。
  • Block Storage サービス (cinder) はアクティブ/アクティブモードで実行される。
  • etcd は分散ロックマネージャー (DLM) としてデプロイされる。
DCN 概要

1.1. 必要なソフトウェア

分散コンピュートノードのアーキテクチャーをデプロイするには、これらのソフトウェアバージョン以上を使用する必要があります。

  • Red Hat Enterprise Linux 8
  • Red Hat OpenStack Platform 16.1
  • Red Hat Ceph Storage 4 (オプション)