3.9. UUID を使用したネットワークリソースの再利用

スタック間でのネットワークの再利用をより厳密に制御する必要がある場合は、network_data.yaml ファイルでリソース (ネットワーク、サブネット、セグメント、仮想 IP 等) の external_resource_* フィールドを使用することができます。これらのリソースは外部管理と識別され、heat はそれらのリソースに関する作成、更新、または削除を一切行いません。

network_data.yaml ファイルに、必要な各ネットワーク定義のエントリーを追加します。これで、リソースを別のスタックでのデプロイメントに利用できるようになります。

external_resource_network_id: Existing Network UUID
external_resource_subnet_id: Existing Subnet UUID
external_resource_segment_id: Existing Segment UUID
external_resource_vip_id: Existing VIP UUID

以下の例では、コントロールプレーンスタックからの internal_api ネットワークを別のスタックで再利用します。

手順

  1. 関連するネットワークリソースの UUID を把握します。

    $ openstack network show internal_api -c id -f value
    $ openstack subnet show internal_api_subnet -c id -f value
    $ openstack port show internal_api_virtual_ip -c id -f value
  2. 上記のコマンドの出力に表示される値を保存し、それらを別のスタックの network_data.yaml ファイルの internal_api ネットワークのネットワーク定義に追加します。

    - name: InternalApi
      external_resource_network_id: 93861871-7814-4dbc-9e6c-7f51496b43af
      external_resource_subnet_id: c85c8670-51c1-4b17-a580-1cfb4344de27
      external_resource_vip_id: 8bb9d96f-72bf-4964-a05c-5d3fed203eb7
      name_lower: internal_api
      vip: true
      ip_subnet: '172.16.2.0/24'
      allocation_pools: [{'start': '172.16.2.4', 'end': '172.16.2.250'}]
      ipv6_subnet: 'fd00:fd00:fd00:2000::/64'
      ipv6_allocation_pools: [{'start': 'fd00:fd00:fd00:2000::10', 'end': 'fd00:fd00:fd00:2000:ffff:ffff:ffff:fffe'}]
      mtu: 1400