3.8. ManageNetworks を使用したネットワークリソースの再利用

ManageNetworks 設定を使用すると、複数のスタックで同じ network_data.yaml ファイルを使用することができ、設定はグローバルにすべてのネットワークリソースに適用されます。network_data.yaml ファイルは、スタックが使用するネットワークリソースを定義します。

- name: StorageBackup
  vip: true
  name_lower: storage_backup
  ip_subnet: '172.21.1.0/24'
  allocation_pools: [{'start': '171.21.1.4', 'end': '172.21.1.250'}]
  gateway_ip: '172.21.1.1'

ManageNetworks を false に設定すると、ノードはすでに central スタックに作成されている既存のネットワークを使用します。

新規スタックが既存のネットワークリソースを管理しないように、以下のシーケンスを使用します。

手順

  1. ManageNetworks: true と設定するか未設定のままにして、中央スタックをデプロイします。
  2. ManageNetworks: false の設定で、追加のスタックをデプロイします。

新規ネットワークリソースを追加する場合、たとえばスパイン/リーフ型デプロイメントに新しいリーフを追加する場合は、新たな network_data.yaml で中央スタックを更新する必要があります。これは、中央スタックが引き続きネットワークリソースを所有および管理するためです。中央スタックでネットワークリソースが利用可能になったら、それらを使用するように追加のスタックをデプロイすることができます。