3.7. 複数スタックでのネットワークリソースの再利用

複数のスタックが同じネットワークリソース (仮想 IP アドレスやサブネット等) を使用するように設定することができます。ManageNetworks 設定または external_resource_* フィールドのいずれかを使用して、スタック間でネットワークリソースを複製することができます。

注記

external_resource_* フィールドを使用している場合は、ManageNetworks 設定を使用しないでください。

スタック間でネットワークを再利用しない場合は、network_data.yaml で定義される各ネットワークには、デプロイされるすべてのスタックに渡って一意の名前を指定する必要があります。たとえば、スタック間でネットワークを共有する意図がない限り、ネットワーク名 internal_api をスタック間で再利用することはできません。ネットワークに異なる名前および name_lower 属性 (例: InternalApiCompute0 および internal_api_compute_0) を設定します。