3.11. コンテナーイメージの取得

個別の heat スタックによるデプロイメントに必要なコンテナーイメージを取得するには、以下の手順およびサンプルファイルのコンテンツを使用ます。エッジサイトの環境ファイルを指定して openstack container image prepare コマンドを実行し、オプションまたはエッジサイト固有のサービスのコンテナーイメージが含まれるようにする必要があります。

詳細は、「コンテナーイメージの準備」を参照してください。

手順

  1. containers.yaml にレジストリーサービスアカウントの認証情報を追加します。

    parameter_defaults:
      ContainerImagePrepare:
      - push_destination: true
        set:
          ceph_namespace: registry.redhat.io/rhceph
          ceph_image: rhceph-4-rhel8
          ceph_tag: latest
          name_prefix: openstack-
          namespace: registry.redhat.io/rhosp16-rhel8
          tag: latest
      ContainerImageRegistryCredentials:
        # https://access.redhat.com/RegistryAuthentication
        registry.redhat.io:
          registry-service-account-username: registry-service-account-password
  2. images-env.yaml として環境ファイルを生成します。

    openstack tripleo container image prepare \
    -e containers.yaml \
    --output-env-file images-env.yaml

    作成される images-env.yaml ファイルは、ファイルを生成したスタックのデプロイメント手順の一部として追加されます。