2.3. エッジサイトのロール

エッジサイトにブロックストレージをデプロイしない場合は、本ドキュメントの???セクションの手順に従う必要があります。エッジサイトにブロックストレージがない場合:

  • Swift が Glance のバックエンドとして使用されます。
  • エッジサイトのコンピュートノードは、イメージをキャッシュすることしかできません。
  • Cinder 等のボリュームサービスは、エッジサイトでは利用することができません。

エッジサイトにストレージをデプロイする場合には、その場所に関わらず中央サイトにもブロックストレージをデプロイする必要があります。本ドキュメントの「6章エッジサイトでのストレージのデプロイ」の章に記載する手順に従ってください。エッジサイトにブロックストレージがある場合:

  • Ceph RBD が Glance のバックエンドとして使用されます。
  • イメージはエッジサイトに保管されます。
  • Cinder ボリュームサービスは、Ceph RBD ドライバーを介してすべてのサイトで利用することができます。

デプロイメントに必要なロールは、エッジサイトにブロックストレージをデプロイするかどうかによって異なります。

  • エッジサイトにブロックストレージが必要ない場合:

    コンピュート
    ブロックストレージなしでエッジロケーションをデプロイする場合は、従来の compute ロールを使用する必要があります。
  • エッジサイトにブロックストレージが必要な場合:

    DistributedComputeHCI

    このロールには、以下のサービスが含まれます。

    • デフォルトの Compute サービス
    • Block Storage (cinder) ボリュームサービス
    • Ceph Mon
    • Ceph Mgr
    • Ceph OSD
    • GlanceApiEdge
    • etcd

      このロールにより、エッジサイトでのハイパーコンバージドのデプロイメントが可能になります。DistributedComputeHCI ロールを使用する場合は、必ず 3 台のノードを使用する必要があります。

    DistributedComputeHCIScaleOut
    このロールには Ceph OSD サービスが含まれます。これにより、エッジサイトにノードがさらに追加される場合に、コンピュートリソースと共にストレージ容量をスケーリングすることができます。このロールには、イメージのダウンロード要求をエッジサイトの GlanceAPIEdge ノードにリダイレクトする HAproxyEdge サービスも含まれています。
    DistributedComputeScaleOut
    エッジサイトでストレージ以外のコンピュートリソースをスケーリングする場合は、DistributedComputeScaleOut ロールを使用することができます。