第4章 中央サイトのインストール

分散コンピュートノード(DCN)アーキテクチャーに中央サイトをデプロイする場合、クラスターをデプロイすることができます。

  • コンピュートノードの使用または使用なし
  • Red Hat Ceph Storage の使用/使用

中央サイトに Red Hat Ceph Storage なしで Red Hat OpenStack Platform をデプロイする場合、Red Hat Ceph Storage と共にあらゆるエッジサイトをデプロイすることはできません。また、再デプロイを実行して後で中央サイトに Red Hat Ceph Storage を追加するオプションはありません。

4.1. エッジストレージを持たない中央コントローラーのデプロイ

中央サイトで glance のバックエンドとして Swift を使用する場合は、エッジサイトにブロックストレージを持たない分散コンピュートノードクラスターをデプロイすることができます。各アーキテクチャーのロールおよびネットワークプロファイルが異なるため、ブロックストレージを設定せずにデプロイされたサイトは、後でブロックストレージを持つように更新することはできません。

重要: エッジサイトで Ceph が使用されない場合、中央サイトで Ceph を glance のバックエンドとして使用することはできません。以下の手順では Cinder のバックエンドとして lvm を使用していますが、実稼働環境用ではサポートされません。Cinder のバックエンドとして、認定されたブロックストレージソリューションをデプロイする必要があります。

一般的なオーバークラウドデプロイメントと同様に、中央コントローラークラスターをデプロイします。このクラスターにはコンピュートノードは必要ありません。したがって、コンピュートノード数を 0 に設定し、デフォルトの 1 をオーバーライドすることができます。中央コントローラーには、ストレージおよび Oslo 設定に関して特定の要件があります。これらの要件を満たすには、以下の手順を使用します。

手順

以下の手順で、中央サイトの初回デプロイメント手順の概要を説明します。

注記

glance マルチストアを持たない DCN デプロイメントの例について、デプロイメントコマンドおよび環境ファイルを以下の手順で詳しく説明します。以下の手順には、ここでの目的とは関連しないが実際の設定には必要な要素 (ネットワーク設定など) は含まれていません。

  1. ホームディレクトリーに、デプロイする各スタックのディレクトリーを作成します。

    mkdir /home/stack/central
    mkdir /home/stack/dcn0
    mkdir /home/stack/dcn1
  2. central/overrides.yaml という名前でファイルを作成し、以下の設定を定義します。

    parameter_defaults:
      NtpServer:
        - clock.redhat.com
        - clock2.redhat.com
      ControllerCount: 3
      ComputeCount: 0
      OvercloudControlFlavor: baremetal
      OvercloudComputeFlavor: baremetal
      ControllerSchedulerHints:
        'capabilities:node': '0-controller-%index%'
      GlanceBackend: swift
    • ControllerCount: 3: ノードを 3 台デプロイすることを指定します。これらのノードは、glance 用に swift を、cinder 用に lvm をそれぞれ使用し、エッジコンピュートノード用に control-plane サービスをホストします。
    • ComputeCount: 0: オプションのパラメーターで、コンピュートノードが中央コントローラーノードと共にデプロイされないようにします。
    • GlanceBackend: swift: Image サービス (glance) のバックエンドとして Object Storage (swift) を使用することを指定します。

      この構成は、分散コンピュートノード (DCN) と以下のように連携します。

    • DCN 上の Image サービスは、中央の Object Storage バックエンドから受けとるイメージのキャッシュコピーを作成します。Image サービスは、HTTP を使用して Object Storage からのイメージをローカルディスクキャッシュにコピーします。

      注記

      中央のコントローラーノードは、分散コンピュートノード (DCN) サイトに接続できる必要があります。中央のコントローラーノードは、ルーティング対応のレイヤー 3 接続を使用することができます。

  3. 実際の環境に適したロールを使用して、中央サイト用のロールを生成します。

    openstack overcloud roles generate Controller \
    -o ~/central/control_plane_roles.yaml
  4. 環境ファイル ~/central/central-images-env.yaml を生成します。

    openstack tripleo container image prepare \
    -e containers.yaml \
    --output-env-file ~/central/central-images-env.yaml
  5. site-name.yaml 環境ファイルでサイトの命名規則を設定します。Nova アベイラビリティーゾーンと Cinder ストレージアベイラビリティーゾーンが一致している必要があります。

    cat > /home/stack/central/site-name.yaml << EOF
    parameter_defaults:
        NovaComputeAvailabilityZone: central
        ControllerExtraConfig:
            nova::availability_zone::default_schedule_zone: central
        NovaCrossAZAttach: false
        CinderStorageAvailabilityZone: central
    EOF
  6. 中央コントローラーノードをデプロイします。たとえば、以下の内容の deploy.sh ファイルを使用することができます。

    #!/bin/bash
    
    source ~/stackrc
    time openstack overcloud deploy \
    --stack central \
    --templates /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/ \
    -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/nova-az-config.yaml \
    -e ~/central/containers-env-file.yaml \
    -e ~/central/overrides.yaml \
    -e ~/central/site-name.yaml
注記

openstack overcloud deploy コマンドに、ネットワーク設定用の heat テンプレートを追加する必要があります。エッジアーキテクチャーの設計には、スパイン/リーフ型ネットワークが必要です。詳しくは、『スパイン/リーフ型ネットワーク』を参照してください。