第2章 分散コンピュートノード (DCN) デプロイメントのプランニング

DCN アーキテクチャーを計画する際には、必要なテクノロジーが利用可能で、サポート対象であることを確認してください。

2.1. DCN アーキテクチャーのストレージに関する留意事項

現在、DCN アーキテクチャー向けには以下の機能はサポートされていません。

  • 分散コンピュートノードアーキテクチャー上での Red Hat OpenStack Platform 13 から 16 への Fast Forward Upgrade (FFU)
  • エッジサイトにおける非ハイパーコンバージドストレージノード
  • エッジサイト間でのボリュームスナップショットのコピー。ボリュームからイメージを作成し、glance を使用してイメージをコピーすることで、これに対処することができます。イメージをコピーしたら、そこからボリュームを作成することができます。
  • サイト間でのボリュームの移行または種別変更
  • エッジサイトでの Ceph Rados Gateway (RGW)
  • エッジサイトでの CephFS
  • エッジサイトでのインスタンスの高可用性 (HA)
  • エッジサイト間または中央サイトからエッジサイトへのライブマイグレーション。ただし、サイト境界の内部であれば、インスタンスのライブマイグレーションは可能です。
  • サイト間での RBD ミラーリング

さらに、以下の点を考慮する必要があります。

  • イメージをエッジサイトにコピーする前に、中央サイトにイメージをアップロードする必要があります。各イメージのコピーは、中央サイトの Image サービス (glance) に存在している必要があります。
  • エッジサイトでインスタンスを作成する前に、そのエッジサイトにイメージのローカルコピーが必要です。
  • Image、Compute、および Block Storage サービスに RBD ストレージドライバーを使用する必要があります。
  • それぞれのサイトで、NovaComputeAvailabilityZone および CinderStorageAvailabilityZone パラメーターに同じ値を割り当てる必要があります。