Menu Close

1.2. オーバークラウドについて

オーバークラウドは、アンダークラウドが構築することで得られる Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 環境です。オーバークラウドは、さまざまなロールを持つ複数のノードで構成されます。このノード構成は、希望する OpenStack Platform 環境をベースに定義されます。アンダークラウドには、以下に示すオーバークラウドのデフォルトノードロールセットが含まれます。

コントローラー

コントローラーノードは、OpenStack 環境に管理、ネットワーク、高可用性の機能を提供します。コントローラーノード 3 台で高可用性クラスターを構成する OpenStack 環境が推奨されます。

デフォルトのコントローラーノードロールは、以下のコンポーネントをサポートします。これらのサービスがすべてデフォルトで有効化されている訳ではありません。これらのコンポーネントの中には、有効にするのにカスタムの環境ファイルまたは事前にパッケージ化された環境ファイルを必要とするものがあります。

  • OpenStack Dashboard (horizon)
  • OpenStack Identity (keystone)
  • OpenStack Compute (nova) API
  • OpenStack Networking (neutron)
  • OpenStack Image サービス (glance)
  • OpenStack Block Storage (cinder)
  • OpenStack Object Storage (swift)
  • OpenStack Orchestration (heat)
  • OpenStack Shared File Systems (manila)
  • OpenStack Bare Metal (ironic)
  • OpenStack Load Balancing-as-a-Service (octavia)
  • OpenStack Key Manager (barbican)
  • MariaDB
  • Open vSwitch
  • 高可用性サービス向けの Pacemaker および Galera
コンピュート

コンピュートノードは OpenStack 環境にコンピュートリソースを提供します。コンピュートノードをさらに追加して、環境を徐々にスケールアウトすることができます。デフォルトのコンピュートノードには、以下のコンポーネントが含まれます。

  • OpenStack Compute (nova)
  • KVM/QEMU
  • OpenStack Telemetry (ceilometer) エージェント
  • Open vSwitch
ストレージ

ストレージノードは OpenStack 環境にストレージを提供します。以下の一覧で、RHOSP のさまざまなストレージノード種別について説明します。

  • Ceph Storage ノード: ストレージクラスターを構成するために使用します。それぞれのノードには、Ceph Object Storage Daemon (OSD) が含まれます。また、環境の一部として Ceph Storage ノードをデプロイする場合には、director により Ceph Monitor がコントローラーノードにインストールされます。
  • Block storage (cinder): 高可用性コントローラーノードの外部ブロックストレージとして使用します。このノードには、以下のコンポーネントが含まれます。

    • OpenStack Block Storage (cinder) ボリューム
    • OpenStack Telemetry エージェント
    • Open vSwitch
  • Object Storage (swift): これらのノードは、OpenStack Swift の外部ストレージ層を提供します。コントローラーノードは、Swift プロキシーを介してオブジェクトストレージノードにアクセスします。オブジェクトストレージノードには、以下のコンポーネントが含まれます。

    • OpenStack Object Storage (swift) のストレージ
    • OpenStack Telemetry エージェント
    • Open vSwitch