Menu Close

13.9. ansible-playbook-command.sh スクリプトを使用した config-download の実行

標準の方式または個別のプロビジョニングおよび設定プロセスを使用してオーバークラウドをデプロイすると、director は /var/lib/mistral/ に作業ディレクトリーを生成します。このディレクトリーには、設定プロセスを再度実行するのに必要な Playbook およびスクリプトが含まれています。

前提条件

  • 以下の方式のいずれかでデプロイされたオーバークラウド

    • プロビジョニングプロセスと設定プロセスをまとめて実施する標準の方式
    • プロビジョニングプロセスと設定プロセスを分離する方式

手順

  1. アンダークラウドホストに stack ユーザーとしてログインします。
  2. Ansible Playbook のディレクトリーに移動します。

    $ cd /var/lib/mistral/overcloud/
  3. ansible-playbook-command.sh コマンドを実行して、オーバークラウドの設定を実行します。

    $ ./ansible-playbook-command.sh

    このスクリプトには追加の Ansible 引数を渡すことができ、それらの引数は、そのまま ansible-playbook コマンドに渡されます。つまり、チェックモード (--check)、ホストの限定 (--limit)、変数のオーバーライド (-e) など、他の Ansible 機能を使用することができます。以下は例になります。

    $ ./ansible-playbook-command.sh --limit Controller
  4. 設定プロセスが完了するまで待ちます。

関連情報

  • 作業ディレクトリーには、オーバークラウドの設定タスクを管理する deploy_steps_playbook.yaml という名前の Playbook が含まれています。この Playbook を表示するには、以下のコマンドを実行します。

    $ less deploy_steps_playbook.yaml

    Playbook は、作業ディレクトリーに含まれているさまざまなタスクファイルを使用します。タスクファイルには、OpenStack Platform の全ロールに共通するものと、特定の OpenStack Platform ロールおよびサーバー固有のものがあります。

  • 作業ディレクトリーには、オーバークラウドの roles_data ファイルで定義する各ロールに対応するサブディレクトリーも含まれます。以下は例になります。

    $ ls Controller/

    各 OpenStack Platform ロールにディレクトリーには、そのロール種別の個々のサーバー用のサブディレクトリーも含まれます。これらのディレクトリーには、コンポーザブルロールのホスト名の形式を使用します。

    $ ls Controller/overcloud-controller-0
  • deploy_steps_playbook.yaml の Ansible タスクはタグ付けされます。タグの全一覧を確認するには、ansible-playbook で CLI オプション --list-tags を使用します。

    $ ansible-playbook -i tripleo-ansible-inventory.yaml --list-tags deploy_steps_playbook.yaml

    次に、ansible-playbook-command.sh スクリプトで --tags--skip-tags--start-at-task のいずれかを使用して、タグ付けした設定を適用します。

    $ ./ansible-playbook-command.sh --tags overcloud
    1. オーバークラウドに対して config-download Playbook を実行すると、それぞれのホストの SSH フィンガープリントに関するメッセージが表示される場合があります。これらのメッセージを回避するには、ansible-playbook-command.sh スクリプトの実行時に、--ssh-common-args="-o StrictHostKeyChecking=no" を追加します。

      $ ./ansible-playbook-command.sh --tags overcloud --ssh-common-args="-o StrictHostKeyChecking=no"