Menu Close

9.3. 事前にプロビジョニングされたノードのオペレーティングシステムの登録

それぞれのノードには、Red Hat サブスクリプションへのアクセスが必要です。ノードを Red Hat コンテンツ配信ネットワークに登録するには、各ノードで以下の手順を実施します。

重要

記載されたリポジトリーのみを有効にします。追加のリポジトリーを使用すると、パッケージとソフトウェアの競合が発生する場合があります。他のリポジトリーは有効にしないでください。

手順

  1. 登録コマンドを実行して、プロンプトが表示されたらカスタマーポータルのユーザー名とパスワードを入力します。

    [root@controller-0 ~]# sudo subscription-manager register
  2. Red Hat OpenStack Platform 16.1 のエンタイトルメントプールを検索します。

    [root@controller-0 ~]# sudo subscription-manager list --available --all --matches="Red Hat OpenStack"
  3. 上記のステップで特定したプール ID を使用して、Red Hat OpenStack Platform 16 のエンタイトルメントをアタッチします。

    [root@controller-0 ~]# sudo subscription-manager attach --pool=pool_id
  4. デフォルトのリポジトリーをすべて無効にします。

    [root@controller-0 ~]# sudo subscription-manager repos --disable=*
  5. 必要な Red Hat Enterprise Linux リポジトリーを有効にします。

    1. x86_64 システムの場合は、以下のコマンドを実行します。

      [root@controller-0 ~]# sudo subscription-manager repos --enable=rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms --enable=rhel-8-for-x86_64-appstream-eus-rpms --enable=rhel-8-for-x86_64-highavailability-eus-rpms --enable=ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms --enable=openstack-16.1-for-rhel-8-x86_64-rpms --enable=advanced-virt-for-rhel-8-x86_64-rpms --enable=fast-datapath-for-rhel-8-x86_64-rpms
    2. POWER システムの場合は、以下のコマンドを実行します。

      [root@controller-0 ~]# sudo subscription-manager repos --enable=rhel-8-for-ppc64le-baseos-rpms --enable=rhel-8-for-ppc64le-appstream-rpms --enable=rhel-8-for-ppc64le-highavailability-rpms --enable=ansible-2.8-for-rhel-8-ppc64le-rpms --enable=openstack-16-for-rhel-8-ppc64le-rpms --enable=advanced-virt-for-rhel-8-ppc64le-rpms --enable=fast-datapath-for-rhel-8-ppc64le-rpms
  6. container-tools リポジトリーモジュールをバージョン 2.0 に設定します。

    [root@controller-0 ~]# sudo dnf module disable -y container-tools:rhel8
    [root@controller-0 ~]# sudo dnf module enable -y container-tools:2.0
  7. virt リポジトリーモジュールをバージョン 8.2 に設定します。

    [root@controller-0 ~]# sudo dnf module disable -y virt:rhel
    [root@controller-0 ~]# sudo dnf module enable -y virt:8.2
  8. オーバークラウドで Ceph Storage ノードを使用する場合は、該当する Ceph Storage リポジトリーを有効にします。

    [root@cephstorage-0 ~]# sudo subscription-manager repos --enable=rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms --enable=rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms --enable=rhel-8-for-x86_64-highavailability-rpms --enable=ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms --enable=openstack-16.1-deployment-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms
  9. システムを更新して、ベースシステムパッケージが最新の状態になるようにします。

    [root@controller-0 ~]# sudo dnf update -y
    [root@controller-0 ~]# sudo reboot

このノードをオーバークラウドに使用する準備ができました。