Menu Close

11.8. オーバークラウドの削除防止

オーバークラウドが削除されないように、heat のカスタムポリシーを設定します。

手順

  1. prevent-stack-delete.yaml という名前の環境ファイルを作成します。
  2. HeatApiPolicies パラメーターを設定します。

    parameter_defaults:
      HeatApiPolicies:
        heat-deny-action:
          key: 'actions:action'
          value: 'rule:deny_everybody'
        heat-protect-overcloud:
          key: 'stacks:delete'
          value: 'rule:deny_everybody'
    重要

    heat-deny-action は、アンダークラウドのインストールに追加する必要のあるデフォルトポリシーです。

  3. undercloud.conf ファイルの custom_env_files パラメーターに、prevent-stack-delete.yaml 環境ファイルを追加します。

    custom_env_files = prevent-stack-delete.yaml
  4. アンダークラウドのインストールコマンドを実行して設定をリフレッシュします。

    $ openstack undercloud install

この環境ファイルにより、オーバークラウド内のスタックを削除することができなくなります。したがって、以下の操作を実施することはできません。

  • オーバークラウドの削除
  • 個々のコンピュートノードまたは Ceph Storage ノードの削除
  • コントローラーノードの置き換え

スタックの削除を有効にするには、custom_env_files パラメーターから prevent-stack-delete.yaml ファイルを削除し、openstack undercloud install コマンドを実行します。