Menu Close

4.7. アンダークラウドネットワークインターフェースの設定

特定のネットワーク機能を持つアンダークラウドをインストールするには、undercloud.conf ファイルにカスタムネットワーク設定を追加します。たとえば、一部のインターフェースは DHCP を持ちません。このような場合は、アンダークラウドのインストールプロセス中に os-net-config が設定を適用できるように、undercloud.conf ファイルでこれらのインターフェースの DHCP を無効にする必要があります。

手順

  1. アンダークラウドのホストにログインします。
  2. 新しいファイル undercloud-os-net-config.json を作成し、必要なネットワーク設定を追加します。詳しい情報は、『 オーバークラウドの高度なカスタマイズ』の「 ネットワークインターフェースのリファレンス を参照してください。

    以下は例です。

    {
      "network_config": [
        {
          "name": "br-ctlplane",
          "type": "ovs_bridge",
          "use_dhcp": false,
          "dns_servers": "192.168.122.1",
          "domain": "lab.example.com",
          "ovs_extra": [
            "br-set-external-id br-ctlplane bridge-id br-ctlplane"
          ],
          "addresses": [
            {
              "ip_netmask": "172.20.0.1/26"
            }
          ],
          "members": [
            {
              "type": "interface",
              "name": "nic2"
            }
          ]
        }
      ]
    }

    特定のインターフェース用にネットワークボンディングを作成するには、以下の例を使用します。

    {
      "network_config": [
        {
          "name": "br-ctlplane",
          "type": "ovs_bridge",
          "use_dhcp": false,
          "dns_servers": "192.168.122.1",
          "domain": "lab.example.com",
          "ovs_extra": [
            "br-set-external-id br-ctlplane bridge-id br-ctlplane"
          ],
          "addresses": [
            {
              "ip_netmask": "172.20.0.1/26"
            }
          ],
          "members": [
            {
              "name": "bond-ctlplane",
              "type": "linux_bond",
              "use_dhcp": false,
              "bonding_options": "mode=active-backup",
              "mtu": 1500,
              "members": [
                {
                  "type": "interface",
                  "name": "nic2"
                },
                {
                  "type": "interface",
                  "name": "nic3"
                }
              ]
            }
          ]
        }
      ]
    }
  3. undercloud. conf ファイルの net_config_override パラメーターに undercloud-os-net-config.json ファイルへのパスを追加します。

    [DEFAULT]
    ...
    net_config_override=undercloud-os-net-config.json
    ...
    注記

    director は、net_config_override パラメーターに追加するファイルをテンプレートとして使用し、/etc/os-net-config/config.yaml ファイルを生成します。os-net-config はテンプレートで定義するインターフェースを管理するので、このファイルですべてのアンダークラウドネットワークインターフェースのカスタマイズを実行する必要があります。

  4. アンダークラウドをインストールします。

検証手順

  • アンダークラウドのインストールが正常に完了したら、/etc/os-net-config/config.yaml ファイルに該当する設定が含まれていることを確認します。

    network_config:
    - name: br-ctlplane
      type: ovs_bridge
      use_dhcp: false
      dns_servers: 192.168.122.1
      domain: lab.example.com
      ovs_extra:
      - "br-set-external-id br-ctlplane bridge-id br-ctlplane"
      addresses:
      - ip_netmask: 172.20.0.1/26
      members:
      - name: bond-ctlplane
        type: linux_bond
        use_dhcp: false
        bonding_options: "mode=active-backup"
        mtu: 1500
        members:
        - type: interface
          name: nic2
        - type: interface
          name: nic3