Menu Close

12.2. コンテナー化されたサービスの管理

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) では、アンダークラウドおよびオーバークラウドノード上のコンテナー内でサービスが実行されます。特定の状況では、1 つのホスト上で個別のサービスを制御する必要がある場合があります。本項では、コンテナー化されたサービスを管理するためにノード上で実行することのできる、一般的なコマンドについて説明します。

コンテナーとイメージの一覧表示

実行中のコンテナーを一覧表示するには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo podman ps

コマンド出力に停止中またはエラーの発生したコンテナーを含めるには、コマンドに --all オプションを追加します。

$ sudo podman ps --all

コンテナーイメージを一覧表示するには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo podman images

コンテナーのプロパティーの確認

コンテナーまたはコンテナーイメージのプロパティーを表示するには、podman inspect コマンドを使用します。たとえば、keystone コンテナーを検査するには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo podman inspect keystone

Systemd サービスを使用したコンテナーの管理

以前のバージョンの OpenStack Platform では、コンテナーは Docker およびそのデーモンで管理されていました。OpenStack Platform 16 では、Systemd サービスインターフェースでコンテナーのライフサイクルが管理されます。それぞれのコンテナーはサービスであり、Systemd コマンドを実行して各コンテナーに関する特定の操作を実施します。

注記

Systemd は再起動ポリシーを適用するため、Podman CLI を使用してコンテナーを停止、起動、および再起動することは推奨されません。その代わりに、Systemd サービスコマンドを使用してください。

コンテナーのステータスを確認するには、systemctl status コマンドを実行します。

$ sudo systemctl status tripleo_keystone
● tripleo_keystone.service - keystone container
   Loaded: loaded (/etc/systemd/system/tripleo_keystone.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since Fri 2019-02-15 23:53:18 UTC; 2 days ago
 Main PID: 29012 (podman)
   CGroup: /system.slice/tripleo_keystone.service
           └─29012 /usr/bin/podman start -a keystone

コンテナーを停止するには、systemctl stop コマンドを実行します。

$ sudo systemctl stop tripleo_keystone

コンテナーを起動するには、systemctl start コマンドを実行します。

$ sudo systemctl start tripleo_keystone

コンテナーを再起動するには、systemctl restart コマンドを実行します。

$ sudo systemctl restart tripleo_keystone

コンテナーステータスを監視するデーモンはないので、以下の状況では Systemd はほとんどのコンテナーを自動的に再起動します。

  • podman stop コマンドの実行など、明瞭な終了コードまたはシグナル
  • 起動後に podman コンテナーがクラッシュするなど、不明瞭な終了コード。
  • 不明瞭なシグナル。
  • コンテナーの起動に 1 分 30 秒以上かかった場合のタイムアウト。

Systemd サービスに関する詳しい情報は、systemd.service のドキュメント を参照してください。

注記

コンテナー内のサービス設定ファイルに加えた変更は、コンテナーの再起動後には元に戻ります。これは、コンテナーがノードのローカルファイルシステム上の /var/lib/config-data/puppet-generated/ にあるファイルに基づいてサービス設定を再生成するためです。たとえば、keystone コンテナー内の /etc/keystone/keystone.conf を編集してコンテナーを再起動すると、そのコンテナーはノードのローカルシステム上にある /var/lib/config-data/puppet-generated/keystone/etc/keystone/keystone.conf を使用して設定を再生成します。再起動前にコンテナー内で加えられた変更は、この設定によって上書きされます。

Systemd タイマーを使用した podman コンテナーの監視

Systemd タイマーインターフェースは、コンテナーのヘルスチェックを管理します。各コンテナーのタイマーがサービスユニットを実行し、そのユニットがヘルスチェックスクリプトを実行します。

すべての OpenStack Platform コンテナーのタイマーを一覧表示するには、systemctl list-timers コマンドを実行し、出力を tripleo が含まれる行に限定します。

$ sudo systemctl list-timers | grep tripleo
Mon 2019-02-18 20:18:30 UTC  1s left       Mon 2019-02-18 20:17:26 UTC  1min 2s ago  tripleo_nova_metadata_healthcheck.timer            tripleo_nova_metadata_healthcheck.service
Mon 2019-02-18 20:18:33 UTC  4s left       Mon 2019-02-18 20:17:03 UTC  1min 25s ago tripleo_mistral_engine_healthcheck.timer           tripleo_mistral_engine_healthcheck.service
Mon 2019-02-18 20:18:34 UTC  5s left       Mon 2019-02-18 20:17:23 UTC  1min 5s ago  tripleo_keystone_healthcheck.timer                 tripleo_keystone_healthcheck.service
Mon 2019-02-18 20:18:35 UTC  6s left       Mon 2019-02-18 20:17:13 UTC  1min 15s ago tripleo_memcached_healthcheck.timer                tripleo_memcached_healthcheck.service
(...)

特定のコンテナータイマーのステータスを確認するには、healthcheck サービスに対して systemctl status コマンドを実行します。

$ sudo systemctl status tripleo_keystone_healthcheck.service
● tripleo_keystone_healthcheck.service - keystone healthcheck
   Loaded: loaded (/etc/systemd/system/tripleo_keystone_healthcheck.service; disabled; vendor preset: disabled)
   Active: inactive (dead) since Mon 2019-02-18 20:22:46 UTC; 22s ago
  Process: 115581 ExecStart=/usr/bin/podman exec keystone /openstack/healthcheck (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 115581 (code=exited, status=0/SUCCESS)

Feb 18 20:22:46 undercloud.localdomain systemd[1]: Starting keystone healthcheck...
Feb 18 20:22:46 undercloud.localdomain podman[115581]: {"versions": {"values": [{"status": "stable", "updated": "2019-01-22T00:00:00Z", "..."}]}]}}
Feb 18 20:22:46 undercloud.localdomain podman[115581]: 300 192.168.24.1:35357 0.012 seconds
Feb 18 20:22:46 undercloud.localdomain systemd[1]: Started keystone healthcheck.

コンテナータイマーを停止、起動、再起動、およびコンテナータイマーのステータスを表示するには、.timer Systemd リソースに対して該当する systemctl コマンドを実行します。たとえば、tripleo_keystone_healthcheck.timer リソースのステータスを確認するには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo systemctl status tripleo_keystone_healthcheck.timer
● tripleo_keystone_healthcheck.timer - keystone container healthcheck
   Loaded: loaded (/etc/systemd/system/tripleo_keystone_healthcheck.timer; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (waiting) since Fri 2019-02-15 23:53:18 UTC; 2 days ago

healthcheck サービスは無効だが、そのサービスのタイマーが存在し有効になっている場合には、チェックは現在タイムアウトしているが、タイマーに従って実行されることを意味します。チェックを手動で開始することもできます。

注記

podman ps コマンドは、コンテナーのヘルスステータスを表示しません。

コンテナーログの確認

OpenStack Platform 16 では、新たなロギングディレクトリー /var/log/containers/stdout が導入されています。ここには、すべてのコンテナーの標準出力 (stdout) と標準エラー (stderr) が、コンテナーごとに 1 つのファイルに統合されて保存されます。

paunch および container-puppet.py スクリプトは、出力を /var/log/containers/stdout ディレクトリーにプッシュするように podman コンテナーを設定します。これにより、container-puppet-* コンテナー等の削除されたコンテナーを含め、すべてのログのコレクションが作成されます。

また、ホストはこのディレクトリーにログローテーションを適用し、大きな容量のファイルがディスク容量を消費する問題を防ぎます。

コンテナーが置き換えられた場合には、新しいコンテナーは同じログファイルにログを出力します。podman はコンテナー ID ではなくコンテナー名を使用するためです。

podman logs コマンドを使用して、コンテナー化されたサービスのログを確認することもできます。たとえば、keystone コンテナーのログを確認するには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo podman logs keystone

コンテナーへのアクセス

コンテナー化されたサービスのシェルに入るには、podman exec コマンドを使用して /bin/bash を起動します。たとえば、keystone コンテナーのシェルに入るには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo podman exec -it keystone /bin/bash

root ユーザーとして keystone コンテナーのシェルに入るには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo podman exec --user 0 -it <NAME OR ID> /bin/bash

コンテナーから出るには、以下のコマンドを実行します。

# exit