Menu Close

8.2. IPv4 プロビジョニング向けノードのハードウェアの検査

director は各ノードでイントロスペクションプロセスを実行することができます。以下の手順では、PXE を通じて各ノードでイントロスペクションエージェントをブートします。イントロスペクションエージェントは、ノードからハードウェアのデータを収集し、そのデータを director に送り返します。次に director は、director 上で実行中の OpenStack Object Storage (swift) サービスにこのイントロスペクションデータを保管します。director は、プロファイルのタグ付け、ベンチマーキング、ルートディスクの手動割り当てなど、さまざまな目的でハードウェア情報を使用します。

手順

  1. 以下のコマンドを実行して、各ノードのハードウェア属性を検証します。

    (undercloud) $ openstack overcloud node introspect --all-manageable --provide
    • --all-manageable オプションを使用して、管理状態にあるノードのみをイントロスペクションします。ここでは、すべてのノードが管理状態にあります。
    • --provide オプションを使用して、イントロスペクション後に全ノードを available の状態に再設定します。
  2. 別のターミナルウィンドウで、イントロスペクションの進捗ログを監視します。

    (undercloud) $ sudo tail -f /var/log/containers/ironic-inspector/ironic-inspector.log
    重要

    このプロセスを必ず完了させてください。ベアメタルノードの場合には、通常 15 分ほどかかります。

イントロスペクション完了後には、すべてのノードが available の状態に変わります。