Menu Close

4.6. IPv6 を使用してベアメタルをプロビジョニングするためのアンダークラウド設定

IPv6 ノードおよびインフラストラクチャーがある場合には、IPv4 ではなく IPv6 を使用するようにアンダークラウドおよびプロビジョニングネットワークを設定することができます。これにより、director は IPv6 ノードに Red Hat OpenStack Platform をプロビジョニングおよびデプロイすることができます。ただし、いくつかの考慮事項があります。

  • デュアルスタック IPv4/6 は利用できません。
  • tempest 検証が正しく動作しない可能性があります。
  • アップグレード時に IPv4 から IPv6 に移行することはできません。

undercloud.conf ファイルを変更して、Red Hat OpenStack Platform で IPv6 プロビジョニングを有効にします。

前提条件

手順

  1. サンプルの undercloud.conf ファイルをコピーするか、既存の undercloud.conf ファイルを変更します。
  2. undercloud.conf ファイルで以下のパラメーター値を設定します。

    1. NIC が Red Hat OpenStack Platform でステートフル DHCPv6 をサポートする場合は、ipv6_address_modedhcpv6-stateless または dhcpv6-stateful に設定します。
    2. アンダークラウドでプロビジョニングネットワークにルーターを作成する必要がない場合は、enable_routed_networkstrue に設定します。この場合、データセンタールーターはルーター広告を提供する必要があります。それ以外の場合は、この値を false に設定します。
    3. local_ip をアンダークラウドの IPv6 アドレスに設定します。
    4. アンダークラウドインターフェースのパラメーター undercloud_public_hostundercloud_admin_host に IPv6 アドレス設定を使用します。
    5. ステートフルアドレスモデル、ファームウェア、チェーンローダー、およびオペレーティングシステムは、異なるアルゴリズムを使用して DHCP サーバーが追跡する ID を生成する可能性があります。DHCPv6 は、MAC によってアドレスを追跡しません。要求元の ID の値が変更されても、MAC アドレスが同じままであれば、同じアドレスが返されません。ステートフル DHCPv6 を使用する場合は、ironic_enabled_network_interfaces パラメーターを使用して neutron インターフェースを指定します。ironic_default_network_interface パラメーターを使用して、neutron インターフェースをベアメタルノードのデフォルトネットワークインターフェースとして設定することもできます。

      • ironic_enabled_network_interfaces = neutron,flat
      • ironic_default_network_interface = neutron
    6. [ctlplane-subnet] セクションで、以下のパラメーターに IPv6 アドレス設定を使用します。

      • cidr
      • dhcp_start
      • dhcp_end
      • gateway
      • inspection_iprange
    7. [ctlplane-subnet] セクションで、dns_nameservers パラメーターにサブネットの IPv6 ネームサーバーを設定します。

      [DEFAULT]
      ipv6_address_mode = dhcpv6-stateless
      enable_routed_networks: false
      local_ip = <ipv6-address>
      ironic_enabled_network_interfaces = neutron,flat
      ironic_default_network_interface = neutron
      undercloud_admin_host = <ipv6-address>
      undercloud_public_host = <ipv6-address>
      
      [ctlplane-subnet]
      cidr = <ipv6-address>::<ipv6-mask>
      dhcp_start = <ipv6-address>
      dhcp_end = <ipv6-address>
      dns_nameservers = <ipv6-dns>
      gateway = <ipv6-address>
      inspection_iprange = <ipv6-address>,<ipv6-address>