第9章 事前にプロビジョニングされたノードを使用した基本的なオーバークラウドの設定

本章では、事前にプロビジョニングされたノードを使用して Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 環境を設定するのに使用できる基本的な設定手順を説明します。以下のシナリオは、標準のオーバークラウド作成のシナリオとはさまざまな点で異なります。

  • 外部ツールを使用してノードをプロビジョニングしてから、director でオーバークラウドの設定のみを制御することができます。
  • director のプロビジョニングの方法に依存せずにノードを使用することができます。これは、電源管理制御を設定せずにオーバークラウドを作成する場合や、DHCP/PXE ブートの制限があるネットワークを使用する場合に便利です。
  • director では、ノードを管理するのに OpenStack Compute (nova)、OpenStack Bare Metal (ironic)、または OpenStack Image (glance) を使用しません。
  • 事前にプロビジョニングされたノードでは、QCOW2 overcloud-full イメージに依存しないカスタムパーティションレイアウトを使用することができます。

このシナリオには、カスタム機能を持たない基本的な設定のみが含まれています。ただし、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』に記載の手順に従って、この基本的なオーバークラウドに高度な設定オプションを追加し、仕様に合わせてカスタマイズすることができます。

重要

事前にプロビジョニングされたノードと director がプロビジョニングしたノードを組み合わせることはできません。

9.1. 事前にプロビジョニングされたノードの要件

事前にプロビジョニングされたノードを使用してオーバークラウドのデプロイメントを開始する前に、以下の項目が環境に存在していること確認してください。

  • 4章director のインストール」で作成した director ノード
  • ノードに使用するベアメタルマシンのセット。必要なノード数は、作成予定のオーバークラウドのタイプにより異なります。これらのマシンは、各ノード種別に設定された要件に従う必要があります。これらのノードには、ホストオペレーティングシステムとして Red Hat Enterprise Linux 8.2 をインストールする必要があります。Red Hat では、利用可能な最新バージョンの使用を推奨します。
  • 事前にプロビジョニングされたノードを管理するためのネットワーク接続 1 つ。このシナリオでは、オーケストレーションエージェントの設定のために、ノードへの SSH アクセスが中断されないようにする必要があります。
  • コントロールプレーンネットワーク用のネットワーク接続 1 つ。このネットワークには、主に 2 つのシナリオがあります。

    • プロビジョニングネットワークをコントロールプレーンとして使用するデフォルトのシナリオ: このネットワークは通常、事前にプロビジョニングされたノードから director へのレイヤー 3 (L3) を使用したルーティング可能なネットワーク接続です。このシナリオの例では、以下の IP アドレスの割り当てを使用します。

      表9.1 プロビジョニングネットワークの IP 割り当て

      ノード名IP アドレス

      director

      192.168.24.1

      Controller 0

      192.168.24.2

      Compute 0

      192.168.24.3

    • 別のネットワークを使用するシナリオ: director のプロビジョニングネットワークがプライベートのルーティング不可能なネットワークの場合には、サブネットからノードの IP アドレスを定義して、パブリック API エンドポイント経由で director と通信することができます。このシナリオの要件についての詳細は、「事前にプロビジョニングされたノードへの別ネットワークの使用」を参照してください。
  • この例で使用するその他すべてのネットワーク種別も、OpenStack サービス用のコントロールプレーンネットワークを使用します。ただし、ネットワークトラフィックの他のタイプに追加でネットワークを作成することができます。
  • いずれかのノードで Pacemaker リソースが使用される場合、サービスユーザー hacluster およびサービスグループ haclient の UID/GID は、189 でなければなりません。これは CVE-2018-16877 に対応するためです。オペレーティングシステムと共に Pacemaker をインストールした場合、インストールによりこれらの ID が自動的に作成されます。ID の値が正しく設定されていない場合は、アーティクル「OpenStack minor update / fast-forward upgrade can fail on the controller nodes at pacemaker step with "Could not evaluate: backup_cib"」の手順に従って ID の値を変更します。
  • 一部のサービスが誤った IP アドレスにバインドされてデプロイメントに失敗するのを防ぐために、/etc/hosts ファイルに node-name=127.0.0.1 のマッピングが含まれないようにします。