5.7. Ansible 環境変数のオーバーライド

Red Hat OpenStack Platform Workflow サービス (mistral) は Ansible を使用して Ceph Storage を設定しますが、Ansible 環境変数を使用して Ansible 環境をカスタマイズすることができます。

手順

ANSIBLE_* 環境変数をオーバーライドするには、CephAnsibleEnvironmentVariables heat テンプレートパラメーターを使用します。

以下に示す設定例では、フォークおよび SSH のリトライ回数を増やします。

parameter_defaults:
  CephAnsibleEnvironmentVariables:
    ANSIBLE_SSH_RETRIES: '6'
    DEFAULT_FORKS: '35'

Ansible 環境変数の詳細は、「Ansible Configuration Settings」を参照してください。

Ceph Storage クラスターのカスタマイズ方法に関する詳細は、「Ceph Storage Cluster のカスタマイズ」を参照してください。