5.5.4. ceph-disk使用時のBlueStore block.dbサイズの変更

block.db は、データセグメントと BlueStore ログ先行書き込み (WAL) で構成されるデータベースです。ceph-diskを使用するときにblock.dbのサイズをオーバーライドするには、次の手順を使用します。osd_scenario: non-collocated または osd_scenario: collocatedの場合は、ceph-diskが使用されます。

次の例では、特定のノードのCeph設定のオーバーライドを使用して、blustore_block_db_sizeを設定しています。このCeph設定オプションは、ceph-volumeの使用時には無視されますが、ceph-diskではこの設定オプションが使用されます。

手順

  1. 以下のような内容のJSON環境ファイルを作成しますが、必要に応じて値を置き換えてください。

    {
      "parameter_defaults": {
        "NodeDataLookup": {
          "32e87b4c-c4a7-41be-865b-191684a6883b": {
            "ceph_conf_overrides": {
              "osd": {
                "bluestore_block_db_size": 3221225472
              }
            }
          },
          "ea6a84d6-cf89-4fe2-b7bd-869b3fe4dd6b": {
            "ceph_conf_overrides": {
              "osd": {
                "bluestore_block_db_size": 3221225472
              }
            }
          }
        }
      }
    }
  2. オーバークラウドをデプロイする際に、ご自分の環境に該当するその他の環境ファイルと共にJSONファイルを追加します。

    $ openstack overcloud deploy \
    --templates \
    …
    -e <existing_overcloud_environment_files> \
    -e <json_environment_file>  \
    …