8.5. Ceph Dashboard へのアクセス

Ceph Dashboard が正常に実行されていることを確認するには、以下の検証手順を実施してアクセスし、Ceph クラスターから表示されるデータが正しいことを確認します。

手順

  1. アンダークラウドノードに stack ユーザーとしてログインします。
  2. Dashboard の管理ログイン認証情報を取得します。

    [stack@undercloud ~]$ grep dashboard_admin_password /var/lib/mistral/overcloud/ceph-ansible/group_vars/all.yml
  3. Ceph Dashboard にアクセスするための仮想 IP アドレスを取得します。

    [stack@undercloud-0 ~]$ grep dashboard_frontend_vip /var/lib/mistral/overcloud/ceph-ansible/group_vars/all.yml
  4. Web ブラウザーを使用してフロントエンドの仮想 IP をポイントし、Dashboard にアクセスします。director はプロビジョニングネットワーク上で Dashboard を設定して公開するので、取得した仮想 IP を使用して、TCP ポート 8444 の Dashboard に直接アクセスできます。以下の条件を満たしていることを確認します。

    • Web クライアントホストは、プロビジョニングネットワークに接続されたレイヤー 2 です。
    • プロビジョニングネットワークは適切にルーティングまたはプロキシーされ、Web クライアントホストからアクセスできます。これらの条件が満たされていない場合は、SSH トンネルを開いて、オーバークラウド上の Dashboard の仮想 IP に到達することができます。

      client_host$ ssh -L 8444:<dashboard_vip>:8444 stack@<your undercloud>

      <dashboard_vip> を取得したコントロールプレーンの仮想 IP の IP アドレスに置き換えます。

  5. Dashboard にアクセスするには、Web ブラウザーで http://localhost:8444 にアクセスし、以下の詳細でログインします。

    • ceph-ansible が作成するデフォルトのユーザー: admin
    • /var/lib/mistral/overcloud/ceph-ansible/group_vars/all.ymlのパスワード

      結果
    • Ceph Dashboard にアクセスできます。
    • Dashboard に表示される数字およびグラフには、CLI コマンドの ceph -s が返すのと同じクラスターステータスが反映されます。

Red Hat Ceph Storage Dashboard に関する詳細は、『Red Hat Ceph Storage Dashboard Guide』を参照してください。