4.5. Ceph ノード向けの複数のボンディングされたインターフェースの設定

ボンディングされたインターフェースを使用して、複数の NIC を組み合わせ、ネットワーク接続に冗長性を追加します。Ceph ノードに十分な NIC がある場合には、各ノードに複数のボンディングされたインターフェースを作成して冗長化機能を拡張することができます。

これにより、ノードが必要とする各ネットワーク接続にボンディングされたインターフェースの使用が可能となります。これにより、冗長性と各ネットワーク専用の接続の両方が提供されます。

ボンディングされたインターフェースを最も簡単に実装するには、2 つのボンディングを使用して、Ceph ノードが使用する各ストレージネットワークに 1 つずつボンディングを設定します。Ceph ノードが使用するストレージネットワークは以下のとおりです。

フロントエンドストレージネットワーク (StorageNet)
Ceph クライアントはこのネットワークを使用して、対応する Ceph クラスターと対話します。
バックエンドストレージネットワーク (StorageMgmtNet)
Ceph クラスターはこのネットワークを使用して、クラスターの配置グループポリシーに従ってデータのバランスを取ります。詳細は、『Red Hat Ceph Storage Architecture Guide』「Placement Groups (PGs)」を参照してください。

複数のボンディングされたインターフェースを設定するには、新しいネットワークインターフェーステンプレートを作成する必要があります。これは、director が複数のボンディングされた NIC をデプロイするために使用できるサンプルテンプレートを提供しないからです。ただし、director は単一のボンディングされたインターフェースをデプロイするテンプレートは提供します。このテンプレートは /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network/config/bond-with-vlans/ceph-storage.yaml です。このテンプレートでは、追加の NIC 用に追加のボンディングされたインターフェースを定義することができます。

注記

カスタムインターフェーステンプレートの作成に関する詳細は、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』ガイドの「カスタムネットワークインターフェーステンプレート」を参照してください。

以下のスニペットには、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network/config/bond-with-vlans/ceph-storage.yaml ファイルで定義されている単一のボンディングされたインターフェース用のデフォルトの定義が記載されています。

  type: ovs_bridge // 1
  name: br-bond
  members:
    -
      type: ovs_bond // 2
      name: bond1 // 3
      ovs_options: {get_param: BondInterfaceOvsOptions} 4
      members: // 5
        -
          type: interface
          name: nic2
          primary: true
        -
          type: interface
          name: nic3
    -
      type: vlan // 6
      device: bond1 // 7
      vlan_id: {get_param: StorageNetworkVlanID}
      addresses:
        -
          ip_netmask: {get_param: StorageIpSubnet}
    -
      type: vlan
      device: bond1
      vlan_id: {get_param: StorageMgmtNetworkVlanID}
      addresses:
        -
          ip_netmask: {get_param: StorageMgmtIpSubnet}
1
br-bond という名前の単一のブリッジは、このテンプレートで定義されているボンディングをメンバーとします。この行は、ブリッジの種別 (OVS) を定義しています。
2
br-bond ブリッジの最初のメンバーは、ボンディングされたインターフェース自体で、bond1 という名前が付いています。この行は、bond1 のボンディングの種別を定義しており、これも OVS に指定されています。
3
デフォルトのボンディングの名前は bond1 です。
4
ovs_options のエントリーは、director が特定のボンディングモジュールディレクティブのセットを使用するように指示します。これらのディレクティブは、BondInterfaceOvsOptions に渡されます。これもこのファイルで設定できます。ボンディングモジュールディレクティブの設定に関する詳細は、「ボンディングモジュールのディレクティブの設定」を参照してください。
5
ボンディングの members セクションは、bond1 でボンディングされるネットワークインターフェースを定義します。この例では、ボンディングされるインターフェースは nic2 (プライマリーインターフェースとして設定) と nic3 を使用します。
6
br-bond ブリッジには、他にも 2 つのメンバーが含まれています。これは、フロントエンドストレージネットワーク (StorageNetwork) とバックエンドストレージネットワーク (StorageMgmtNetwork) の両方の VLAN です。
7
device パラメーターは、VLAN が使用しなければならないデバイスを定義します。この例では、両方の VLAN がボンディングされたインターフェース bond1 を使用します。

NIC を少なくとも 2 つ追加すると、ブリッジとボンディングされたインターフェースをもう 1 つ定義できます。次に、VLAN の 1 つを新しいボンディングされたインターフェースに移動できます。これにより、両方のストレージネットワーク接続のスループットと信頼性が向上します。

/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network/config/bond-with-vlans/ceph-storage.yaml ファイルをこの目的でカスタマイズする場合には、Red Hat では、デフォルトの OVS (type: ovs_bond) の代わりに Linux ボンディング (type: linux_bond) を使用することを推奨しています。このボンディングの種別は、エンタープライズレベルの実稼働デプロイメントにより適しています。

以下の編集済みスニペットは、bond2 という名前の新しい Linux ボンディングをメンバーとする追加の OVS ブリッジ (br-bond2) を定義します。bond2 インターフェースは、2 つの追加の NIC (nic4nic5) を使用し、バックエンドストレージネットワークトラフィック専用に使用されます。

  type: ovs_bridge
  name: br-bond
  members:
    -
      type: linux_bond
      name: bond1
      bonding_options: {get_param: BondInterfaceOvsOptions} // 1
      members:
        -
          type: interface
          name: nic2
          primary: true
        -
          type: interface
          name: nic3
    -
      type: vlan
      device: bond1
      vlan_id: {get_param: StorageNetworkVlanID}
      addresses:
        -
          ip_netmask: {get_param: StorageIpSubnet}
-
  type: ovs_bridge
  name: br-bond2
  members:
    -
      type: linux_bond
      name: bond2
      bonding_options: {get_param: BondInterfaceOvsOptions}
      members:
        -
          type: interface
          name: nic4
          primary: true
        -
          type: interface
          name: nic5
    -
      type: vlan
      device: bond1
      vlan_id: {get_param: StorageMgmtNetworkVlanID}
      addresses:
        -
          ip_netmask: {get_param: StorageMgmtIpSubnet}
1
bond1 および bond2 は両方とも (OVS ではなく) Linux ボンディングで、ovs_options の代わりに bonding_options を使用してボンディングディレクティブを設定します。詳細は、「ボンディングモジュールのディレクティブの設定」を参照してください。

このカスタマイズされたテンプレートの完全な内容は、「付録B カスタムインターフェーステンプレートの例: 複数のボンディングされたインターフェース」を参照してください。

4.5.1. ボンディングモジュールのディレクティブの設定

ボンディングされたインターフェースを追加および設定したら、BondInterfaceOvsOptions パラメーターを使用して各ボンディングされたインターフェースが使用するディレクティブを設定します。この情報は、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network/config/bond-with-vlans/ceph-storage.yaml ファイルの parameters: セクションにあります。以下のスニペットには、このパラメーターのデフォルトの定義 (空欄) を示しています。

BondInterfaceOvsOptions:
    default: ''
    description: The ovs_options string for the bond interface. Set
                 things like lacp=active and/or bond_mode=balance-slb
                 using this option.
    type: string

default: の行に必要なオプションを定義します。たとえば、802.3ad (モード 4) と LACP レート 1 (fast) を使用するには、'mode=4 lacp_rate=1' を以下のように設定します。

BondInterfaceOvsOptions:
    default: 'mode=4 lacp_rate=1'
    description: The bonding_options string for the bond interface. Set
                 things like lacp=active and/or bond_mode=balance-slb
                 using this option.
    type: string

サポートされるその他のボンディングオプションに関する詳細は、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』ガイドの「Open vSwitch ボンディングのオプション」を参照してください。カスタマイズした /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network/config/bond-with-vlans/ceph-storage.yaml テンプレートの完全な内容は、「付録B カスタムインターフェーステンプレートの例: 複数のボンディングされたインターフェース」を参照してください。