5.3. Ceph Storage ノードのディスクレイアウトのマッピング

コンテナー化された Ceph Storage をデプロイする場合には、ディスクレイアウトをマッピングし、Ceph OSD サービス用に専用のブロックデバイスを指定する必要があります。カスタム Ceph パラメーターを定義するために作成した環境ファイル (/home/stack/templates/ceph-config.yaml) で、このマッピングを行うことができます。

parameter_defaultsCephAnsibleDisksConfig リソースを使用して、ディスクレイアウトをマッピングします。このリソースでは、以下の変数が使用されます。

変数必須/オプションデフォルト値 (未設定の場合)説明

osd_scenario

必須

lvm

注記: デフォルト値は lvm です。

lvm の値により、ceph-ansibleceph-volume を使用して OSD、block.db および BlueStore WAL デバイスを設定することができます。

devices

必須

なし。変数を設定する必要があります。

ノード上の OSD に使用するブロックデバイスの一覧。

dedicated_devices

必須 (ただし osd_scenarionon-collocated の場合のみ)

devices

devices パラメーターの各エントリーを専用のジャーナル用ブロックデバイスにマッピングするブロックデバイスの一覧。この変数は、osd_scenario=non-collocated の場合にのみ使用できます。

dmcrypt

オプション

false

OSD に保存されるデータが暗号化されているか (true)、暗号化されていないか (false) を設定します。

osd_objectstore

オプション

bluestore

注記: デフォルト値は bluestore です。

Ceph の使用するストレージバックエンドを設定します。

注記: 値のデフォルトは bluestore ですが、コレートまたは非コレートのシナリオで osd_scenariofilestore に設定できます。dedicated_devices がジャーナリングディスクを識別する非コレートのシナリオで、filestore に値を設定することができます。デバイスに定義されたディスクを分割し、OSD データとジャーナリングデータの両方を同じデバイスに保存するコレートのシナリオで、値を filestore に設定できます。

5.3.1. BlueStore の使用

手順

  1. Ceph OSD として使用するブロックデバイスを指定するには、以下のスニペットのバリエーションを使用します。

    parameter_defaults:
      CephAnsibleDisksConfig:
        devices:
          - /dev/sdb
          - /dev/sdc
          - /dev/sdd
          - /dev/nvme0n1
        osd_scenario: lvm
        osd_objectstore: bluestore
  2. /dev/nvme0n1 は高パフォーマンスのデバイスクラスにあるため、例に示す parameter_defaults では、/dev/sdb/dev/sdc、および /dev/sdd 上で動作する 3 つの OSD が作成されます。この 3 つの OSD は、block.db および BlueStore WAL デバイスに /dev/nvme0n1 を使用します。ceph-volume ツールは、batch サブコマンドを使用してこれを実施します。Ceph Storage ノードごとに同じ設定が複製され、ハードウェアが統一されていることを前提とします。block.db および BlueStore WAL データが OSD と同じディスクに存在する場合は、以下に示すようにパラメーターのデフォルトを変更します。

    parameter_defaults:
      CephAnsibleDisksConfig:
        devices:
          - /dev/sdb
          - /dev/sdc
          - /dev/sdd
        osd_scenario: lvm
        osd_objectstore: bluestore