付録A 環境ファイルのサンプル: Ceph Storage クラスターの作成

以下のカスタム環境ファイルは、「2章オーバークラウドデプロイメント用の Ceph Storage ノードの準備」で説明したオプションの多くを使用しています。このサンプルには、コメントアウトされているオプションは含まれません。環境ファイルの概要については、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』ガイドの「環境ファイル」を参照してください。

/home/stack/templates/storage-config.yaml

parameter_defaults: 1
  CinderBackupBackend: ceph 2
  CephAnsibleDisksConfig: 3
    osd_scenario: lvm
    osd_objectstore: bluestore
    dmcrypt: true
    devices:
      - /dev/disk/by-path/pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:10:0
      - /dev/disk/by-path/pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:11:0
      - /dev/nvme0n1
  ControllerCount: 3 4
  OvercloudControlFlavor: control
  ComputeCount: 3
  OvercloudComputeFlavor: compute
  CephStorageCount: 3
  OvercloudCephStorageFlavor: ceph-storage
  CephMonCount: 3
  OvercloudCephMonFlavor: ceph-mon
  CephMdsCount: 3
  OvercloudCephMdsFlavor: ceph-mds
  NeutronNetworkType: vxlan 5

1
parameter_defaults セクションは、全テンプレート内のパラメーターのデフォルト値を変更します。ここに記載のエントリーの大半は「4章ストレージサービスのカスタマイズ」で説明しています。
2
Ceph Object Gateway をデプロイする場合には、Ceph Object Storage (ceph-rgw) をバックアップのターゲットとして使用することができます。このターゲットを設定するには、CinderBackupBackendswift に設定します。詳しくは、「Ceph Object Gateway の有効化」を参照してください。
3
CephAnsibleDisksConfig セクションは、BlueStore を使用するデプロイメントのカスタムディスクレイアウトを定義します。
4
各ロールでは *Count パラメーターでノード数を割り当て、Overcloud*Flavor パラメーターでフレーバーを割り当てます。たとえば、ControllerCount: 3 は 3 つのノードを Controller ロールに割り当て、OvercloudControlFlavor: control は各ロールが control フレーバーを使用するように設定します。詳しくは、「ロールへのノードとフレーバーの割り当て」を参照してください。
注記

(ceph-mon および ceph-mds フレーバーと共に) CephMonCountCephMdsCountOvercloudCephMonFlavorOvercloudCephMdsFlavor のパラメーターは、「3章専用ノード上での Ceph サービスのデプロイ」に記載のように、カスタムの CephMON および CephMds ロールを作成した場合のみ有効となります。

5
NeutronNetworkType: は、neutron サービスが使用すべきネットワークの種別 (ここでは vxlan) を設定します。