3.3. Ceph MDS サービス向けのカスタムロールとフレーバーの作成

Ceph MDS ロール用のカスタムロール CephMDS およびフレーバー ceph-mds を作成するには、以下の手順を実施します。デフォルトのロールのデータファイルは、すでにコピー済みのはずです (詳細は「3章専用ノード上での Ceph サービスのデプロイ」を参照)。

手順

  1. /home/stack/templates/roles_data_custom.yaml ファイルを開きます。
  2. Ceph MDS サービスのサービスエントリー OS::TripleO::Services::CephMds を Controller ロールから削除します。

    [...]
    - name: Controller # the 'primary' role goes first
      CountDefault: 1
      ServicesDefault:
        - OS::TripleO::Services::CACerts
        # - OS::TripleO::Services::CephMds 1
        - OS::TripleO::Services::CephMon
        - OS::TripleO::Services::CephExternal
        - OS::TripleO::Services::CephRbdMirror
        - OS::TripleO::Services::CephRgw
        - OS::TripleO::Services::CinderApi
    [...]
    1
    この行をコメントアウトします。次のステップで、このサービスを新しいカスタムロールに追加します。
  3. roles_data_custom.yaml ファイルの末尾に、Ceph MDS サービスおよびその他すべての必要なノードサービスを含むカスタムの CephMDS ロールを追加します。

    - name: CephMDS
      ServicesDefault:
        # Common Services
        - OS::TripleO::Services::AuditD
        - OS::TripleO::Services::CACerts
        - OS::TripleO::Services::CertmongerUser
        - OS::TripleO::Services::Collectd
        - OS::TripleO::Services::Docker
        - OS::TripleO::Services::FluentdClient
        - OS::TripleO::Services::Kernel
        - OS::TripleO::Services::Ntp
        - OS::TripleO::Services::ContainersLogrotateCrond
        - OS::TripleO::Services::SensuClient
        - OS::TripleO::Services::Snmp
        - OS::TripleO::Services::Timezone
        - OS::TripleO::Services::TripleoFirewall
        - OS::TripleO::Services::TripleoPackages
        - OS::TripleO::Services::Tuned
        # Role-Specific Services
        - OS::TripleO::Services::CephMds
        - OS::TripleO::Services::CephClient 1
    1
    Ceph MDS サービスには、Ceph MON サービスまたは Ceph Client サービスのいずれかで設定できる管理キーリングが必要です。Ceph MON サービスがない専用のノードに Ceph MDS をデプロイする場合には、新しい CephMDS ロールに Ceph クライアントサービスも追加する必要があります。
  4. openstack flavor create コマンドを入力し、このロール用に ceph-mds という名前の新規フレーバーを定義します。

    $ openstack flavor create --id auto --ram 6144 --disk 40 --vcpus 4 ceph-mds
    注記

    このコマンドの詳細については、openstack flavor create --help と入力します。

  5. 新規の ceph-mdsフレーバーを新規プロファイルにマッピングします。このプロファイルも、ceph-mds という名前になります。

    $ openstack flavor set --property "cpu_arch"="x86_64" --property "capabilities:boot_option"="local" --property "capabilities:profile"="ceph-mds" ceph-mds
    注記

    このコマンドの詳細については、openstack flavor set --help と入力します。

  6. ノードを新しい ceph-mds プロファイルにタグ付けします。

    $ openstack baremetal node set --property capabilities='profile:ceph-mds,boot_option:local' UUID

ノードのタグ付けに関する詳細は、「手動によるプロファイルへのノードのタグ付け」を参照してください。カスタムロールプロファイルの詳細は、「プロファイルへのノードのタグ付け」を参照してください。