第11章 Ceph Storage クラスターのスケーリング

11.1. Ceph Storage クラスターのスケールアップ

必要な Ceph Storage ノードの数でデプロイメントを再度実行して、オーバークラウド内の Ceph Storage ノードの数をスケールアップすることができます。

この操作を実行する前に、更新するデプロイメント用に十分なノードがあることを確認してください。これらのノードは、director に登録済みで、適宜にタグ付けされている必要があります。

新規 Ceph Storage ノードの登録

新しい Ceph Storage ノードを director に登録するには、以下の手順を実施します。

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインし、director の設定を初期化します。

    $ source ~/stackrc
  2. 新規ノードの定義テンプレート (例: instackenv-scale.json) で、新しいノードのハードウェアと電源管理の詳細を定義します。
  3. このファイルを director にインポートします。

    $ openstack overcloud node import ~/instackenv-scale.json

    ノードの定義テンプレートをインポートすると、そのテンプレートで定義されている各ノードが director に登録されます。

  4. カーネルと ramdisk イメージを全ノードに割り当てます。

    $ openstack overcloud node configure
注記

新規ノードの登録に関する詳しい情報は、「ノードの登録」を参照してください。

手動による新規ノードのタグ付け

各ノードの登録後、ハードウェアを検査して、ノードを特定のプロファイルにタグ付けする必要があります。プロファイルタグを使用してノードをフレーバーに照合してから、フレーバーをデプロイメントロールに割り当てます。

手順

  1. ハードウェアのイントロスペクションをトリガーして、各ノードのハードウェア属性を取得します。

    $ openstack overcloud node introspect --all-manageable --provide
    • --all-manageable オプションを使用して、管理状態にあるノードのみをイントロスペクションします。ここでは、すべてのノードが管理状態にあります。
    • --provide オプションは、イントロスペクション後に全ノードを active の状態にリセットします。

      重要

      このプロセスが正常に完了したことを確認します。ベアメタルノードの場合には、通常 15 分ほどかかります。

  2. ノード一覧を取得して UUID を識別します。

    $ openstack baremetal node list
  3. 各ノードの properties/capabilities パラメーターに profile オプションを追加して、ノードを特定のプロファイルに手動でタグ付けします。profile オプションを追加すると、適切なプロファイルにノードをタグ付けします。

    注記

    手動でのタグ付けの代わりに、Automated Health Check (AHC) ツールを使用し、ベンチマークデータに基づいて、多数のノードに自動でタグ付けします。たとえば、以下のコマンドは、3 つの追加のノードを ceph-storage プロファイルでタグ付けします。

    $ openstack baremetal node set --property capabilities='profile:baremetal,boot_option:local' 551d81f5-4df2-4e0f-93da-6c5de0b868f7
    $ openstack baremetal node set --property capabilities='profile:baremetal,boot_option:local' 5e735154-bd6b-42dd-9cc2-b6195c4196d7
    $ openstack baremetal node set --property capabilities='profile:baremetal,boot_option:local' 1a2b090c-299d-4c20-a25d-57dd21a7085b
ヒント

タグ付け/登録したノードが複数のディスクを使用している場合には、director が各ノードで特定のルートディスクを使用するように設定できます。詳細は、「マルチディスククラスターのルートディスクの定義」を参照してください。

Ceph Storage ノードを追加したオーバークラウドの再デプロイ

新規ノードを登録してタグ付けした後に、オーバークラウドを再デプロイして Ceph Storage ノードの数をスケールアップすることができます。

手順

  1. オーバークラウドを再デプロイする前に、環境ファイル (ここでは ~/templates/storage-config.yaml) の parameter_defaults にある CephStorageCount パラメーターを設定します。「ロールへのノードとフレーバーの割り当て」では、オーバークラウドは 3 つの Ceph Storage ノードでデプロイするように設定されています。以下の例では、オーバークラウドを 6 つのノードにスケーリングしています。

    parameter_defaults:
      ControllerCount: 3
      OvercloudControlFlavor: control
      ComputeCount: 3
      OvercloudComputeFlavor: compute
      CephStorageCount: 6
      OvercloudCephStorageFlavor: ceph-storage
      CephMonCount: 3
      OvercloudCephMonFlavor: ceph-mon
  2. オーバークラウドを再デプロイします。オーバークラウドには、3 つの Ceph Storage ノードではなく 6 つの Ceph Storage ノードが含まれるようになりました。