1.2. 要件

本ガイドは、『director のインストールと使用方法』ガイドの補足情報を提供します。

オーバークラウドと共にコンテナー化された Ceph Storage クラスターをデプロイする前に、お使いの環境に以下の設定が含まれている必要があります。

重要

Ceph Monitor サービスは、オーバークラウドのコントローラーノードにインストールされるので、パフォーマンスの問題を避けるために十分なリソースを提供する必要があります。お使いの環境のコントローラーノードが、最低でも 16 GB のメモリーおよび Ceph monitor データ用にソリッドステートドライブ (SSD) ストレージを使用するようにしてください。中/大容量の Ceph ストレージでは、Ceph monitor データ用に少なくとも 500 GB のストレージを確保してください。クラスターが不安定になった際の levelDB サイズの増大を防ぐためには、この容量が必要です。Ceph Storage クラスターの一般的なサイズの例を以下に示します。

  • 小規模: 250 テラバイト
  • 中規模: 1 ペタバイト
  • 大規模: 2 ペタバイト以上

Red Hat OpenStack Platform director を使用して Ceph Storage ノードを作成する場合は、以下の要件に注意してください。

1.2.1. Ceph Storage ノードの要件

Ceph Storage ノードは、Red Hat OpenStack Platform 環境でオブジェクトストレージを提供する役割を果たします。

Ceph Storage ノードのプロセッサー、メモリー、ネットワークインターフェースカード (NIC)、およびディスクレイアウトを選択する方法の情報は、『Red Hat Ceph Storage ハードウェアガイド』Red Hat Ceph Storage におけるハードウェア選択に関する推奨事項 を確認してください。各 Ceph Storage ノードにも、Intelligent Platform Management Interface (IPMI) 機能などのサポート対象の電源管理インターフェースがサーバーのマザーボードに搭載されている必要があります。

注記

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) director は ceph-ansible を使用しますが、Ceph Storage ノードのルートディスクへの OSD インストールには対応しません。したがって、サポートされる Ceph Storage ノードには少なくとも 2 つのディスクが必要になります。

配置グループ (PG)

  • デプロイメントの規模によらず、動的で効率的なオブジェクトの追跡を容易に実施するために、Ceph Storage では配置グループ (PG) が使用されています。OSD の障害やクラスターのリバランスの際には、Ceph は配置グループおよびその内容を移動または複製することができるので、Ceph Storage クラスターは効率的にリバランスおよび復旧を行うことができます。
  • director が作成するデフォルトの配置グループ数が常に最適とは限らないので、実際の要件に応じて正しい配置グループ数を計算することが重要です。配置グループの計算ツールを使用して、正しい配置グループ数を計算することができます。PG の計算ツールを使用するには、Ceph クラスターに関するその他の属性 (OSD の数など) と共に、サービスごとに予測されるストレージ使用量をパーセンテージで入力します。計算ツールは、プールごとに最適な PG 数を返します。詳細は、Ceph Placement Groups (PGs) per Pool Calculator を参照してください。
  • 自動スケーリングは、配置グループを管理するもう 1 つの方法です。自動スケーリング機能では、具体的な配置グループ数ではなく、サービスごとに予想される Ceph Storage 要件をパーセンテージで設定します。Ceph は、クラスターの使用状況に応じて配置グループを自動的にスケーリングします。詳細は、『Red Hat Ceph Storage ストレージストラテジーガイド』「配置グループの自動スケーリング」を参照してください。

プロセッサー

  • Intel 64 または AMD64 CPU 拡張機能をサポートする 64 ビット x86 プロセッサー。

ネットワークインターフェースカード

  • 最小 1 枚の 1 Gbps ネットワークインターフェースカード (NIC)。ただし、Red Hat では実稼働環境の場合には最低でも NIC を 2 枚使用することを推奨します。ボンディングインターフェース向けやタグ付けされた VLAN トラフィックを委譲する場合は、追加の NIC を使用します。特に大量のトラフィックを処理する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 環境を構築する場合には、ストレージノードに 10 Gbps インターフェースを使用します。

電源管理

  • 各コントローラーノードには、Intelligent Platform Management Interface (IPMI) 機能などのサポート対象の電源管理インターフェースがサーバーのマザーボードに搭載されている必要があります。