5.3.3. 高度なシナリオでの OSD の設定

環境ファイルにおいて、CephAnsibleDisksConfig リソースの devices 変数で、OSD に使用するブロックデバイスを一覧表示します。

他のデバイス設定パラメーターを指定せずに devices 変数を使用する場合、ceph-volume lvm batch は、高パフォーマンスデバイスを低速なデバイスの block.db として均等に共有し、OSD 設定を自動的に最適化します。

以下の手順を使用して、ceph-volume lvm batch モードで実行しないように devices を設定できます。

5.3.3.1. block.db を使用したパフォーマンスの向上

block.db を使用すると、スループットを高め、応答時間を改善することで、Ceph Storage クラスターのパフォーマンスを向上させることができます。block.db は、データセグメントと BlueStore ログ先行書き込み (WAL) で構成されるデータベースです。

手順

  1. 環境ファイルに以下の内容を追加してください。

    parameter_defaults:
      CephAnsibleDisksConfig:
        devices:
          - /dev/sda
          - /dev/sdb
          - /dev/nvme0n1
          - /dev/sdc
          - /dev/sdd
          - /dev/nvme0n2
        osd_scenario: lvm
        osd_objectstore: bluestore

    これにより、sdasdbsdc、および sdd の 4 つの OSD が設定されます。各ペアには、独自のデータベース nvem0n1 および nvme0n2 があります。

    注記

    devices リスト内のデバイスの順序は重要です。ドライブに続いて block.db および BlueStore WAL (DB-WAL) デバイスを一覧表示します。この例では、nvme0n1sda および sdb の DB-WAL で、nvme0n2sdc および sdd の DB-WAL です。詳細は、「BlueStore の使用」を参照してください。

  2. オーバークラウドのデプロイ時に、-e オプションを使用して、デプロイメントコマンドに新しいコンテンツが含まれる環境ファイルを追加します。