第1章 Compute サービス (nova) の機能

Compute (nova) サービスを使用して、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 環境で仮想マシンインスタンスおよびベアメタルサーバーを作成、プロビジョニング、および管理します。Compute サービスは、ベースとなるホストプラットフォームの詳細を公開するのではなく、Compute サービスを実行しているベースとなるハードウェアを抽象化します。たとえば、ホスト上で動作中の CPU の種別およびトポロジーを公開するのではなく、Compute サービスは多数の仮想 CPU (vCPU) を公開し、これらの仮想 CPU のオーバーコミットに対応します。

Compute サービスは、KVM ハイパーバイザーを使用して Compute サービスのワークロードを実行します。libvirt ドライバーは QEMU と協調して KVM との相互のやり取りをすべて処理し、仮想マシンインスタンスの作成を可能にします。インスタンスを作成およびプロビジョニングするために、Compute サービスは以下の RHOSP サービスと協調します。

  • 認証のための Identity (keystone) サービス
  • リソースインベントリーをトラッキングおよび選択するための Placement サービス
  • ディスクおよびインスタンスイメージのための Image サービス (glance)
  • インスタンスがブート時に接続する仮想ネットワークまたは物理ネットワークをプロビジョニングするための Networking (neutron) サービス

Compute サービスは、nova-* という名前のデーモンプロセスおよびサービスで構成されます。コアの Compute サービスを以下に示します。

Compute サービス (nova-compute)
このサービスは、KVM または QEMU ハイパーバイザー API の libvirt を使用してインスタンスを作成、管理、および削除し、インスタンスの状態でデータベースを更新します。
Compute コンダクター (nova-conductor)
このサービスは、Compute サービスとデータベースの協調を仲介します。これにより、コンピュートノードをデータベースへの直接アクセスから隔離します。このサービスを nova-compute サービスが実行されているノードにデプロイしないでください。
Compute スケジューラー (nova-scheduler)
このサービスはキューからインスタンスの要求を受け取り、インスタンスをホストするコンピュートノードを決定します。
Compute API (nova-api)
このサービスは、ユーザーに外部 REST API を提供します。
API データベース
このデータベースはインスタンスの場所の情報をトラッキングします。また、ビルドされているがスケジュールされていないインスタンスの一時的な場所を提供します。マルチセルのデプロイメントでは、このデータベースには各セルのデータベース接続を指定するセルのマッピングも含まれます。
セルデータベース
このデータベースには、インスタンスに関するほとんどの情報が含まれます。API データベース、コンダクター、および Compute サービスによって使用されます。
メッセージキュー
このメッセージングサービスは、セル内の各サービス間の通信およびグローバルなサービスとの通信のために、すべてのサービスによって使用されます。
Compute メタデータ
このサービスは、インスタンス固有のデータを保管します。インスタンスは、http://169.254.169.254 または IPv6 を通じてリンクローカルアドレス 80::a9fe:a9fe から、メタデータサービスにアクセスします。Networking (neutron) サービスは、要求をメタデータ API サーバーに転送するロールを持ちます。NeutronMetadataProxySharedSecret パラメーターを使用して、Networking サービスと Compute サービス両方の設定でシークレットキーワードを設定する必要があります。これにより、これらのサービスが通信を行うことができます。Compute メタデータサービスは、Compute API の一部としてグローバルに実行することや、それぞれのセルで実行することができます。

複数のコンピュートノードをデプロイすることができます。インスタンスを操作するハイパーバイザーは、それぞれのコンピュートノードで実行されます。それぞれのコンピュートノードには、少なくとも 2 つのネットワークインターフェイスが必要です。コンピュートノードでは、インスタンスを仮想ネットワークに接続し、セキュリティーグループを介してインスタンスにファイアウォールサービスを提供する Networking サービスエージェントも実行されます。

デフォルトでは、director はすべてのコンピュートノードを単一のセルとしてオーバークラウドをインストールします。このセルには、仮想マシンインスタンスを制御および管理するすべての Compute サービスおよびデータベース、ならびにすべてのインスタンスおよびインスタンスのメタデータが含まれます。大規模なデプロイメントでは、複数のセルでオーバークラウドをデプロイし、多数のコンピュートノードに対応することができます。新しいオーバークラウドをインストールする際に、またはその後の任意の時に、セルを環境に追加することができます。詳細は、Scaling Deployments with Compute Cellsを参照してください。