5.6. rhsm コンポーザブルサービスへの切り替え

従来の rhel-registration メソッドは、bash スクリプトを実行してオーバークラウドの登録を処理します。このメソッド用のスクリプトと環境ファイルは、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/extraconfig/pre_deploy/rhel-registration/ のコア Heat テンプレートコレクションにあります。

rhel-registration メソッドを rhsm コンポーザブルサービスに切り替えるには、以下の手順を実施します。

手順

  1. rhel-registration 環境ファイルは、今後のデプロイメント操作から除外します。通常は、以下のファイルを除外します。

    • rhel-registration/environment-rhel-registration.yaml
    • rhel-registration/rhel-registration-resource-registry.yaml
  2. カスタムの roles_data ファイルを使用する場合には、roles_data ファイルの各ロールに必ず OS::TripleO::Services::Rhsm コンポーザブルサービスを含めてください。以下は例になります。

    - name: Controller
      description: |
        Controller role that has all the controller services loaded and handles
        Database, Messaging and Network functions.
      CountDefault: 1
      ...
      ServicesDefault:
        ...
        - OS::TripleO::Services::Rhsm
        ...
  3. rhsm コンポーザブルサービスのパラメーター用の環境ファイルを今後のデプロイメント操作に追加します。

このメソッドは、rhel-registration パラメーターを rhsm サービスのパラメーターに置き換えて、サービスを有効化する Heat リソースを変更します。

resource_registry:
  OS::TripleO::NodeExtraConfig: rhel-registration.yaml

上記の行を以下のように変更します。

resource_registry:
  OS::TripleO::Services::Rhsm: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/deployment/rhsm/rhsm-baremetal-ansible.yaml

デプロイメントに /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/rhsm.yaml 環境ファイルを追加して、サービスを有効にすることもできます。