18.8. Image サービスのキャッシュ機能を使用したスケーラビリティーの向上

glance-api キャッシュメカニズムを使用して、Image サービス (glance) API サーバーにイメージのコピーを保存し、それらを自動的に取得してスケーラビリティーを向上させます。Image サービスのキャッシュ機能を使用することで、複数のホスト上で glance-api を実行することができます。つまり、同じイメージをバックエンドストレージから何度も取得する必要はありません。Image サービスのキャッシュ機能は、Image サービスの動作には一切影響を与えません。

Red Hat OpenStack Platform director (tripleo) heat テンプレートを使用して、Image サービスのキャッシュ機能を設定します。

手順

  1. 環境ファイルの GlanceCacheEnabled パラメーターの値を true に設定します。これにより、glance-api.conf Heat テンプレートの flavor の値が自動的に keystone+cachemanagement に設定されます。

    parameter_defaults:
        GlanceCacheEnabled: true
  2. オーバークラウドを再デプロイする際に、openstack overcloud deploy コマンドにその環境ファイルを追加します。
  3. オプション: オーバークラウドを再デプロイする際に、glance_cache_pruner を異なる頻度に調節します。5 分間の頻度の例を以下に示します。

    parameter_defaults:
      ControllerExtraConfig:
        glance::cache::pruner::minute: '*/5'

    ファイルシステムを使い果たす状況を回避するために、ご自分のニーズに合わせて頻度を調節します。異なる頻度を選択する場合は、以下の要素を考慮に入れます。

    • 実際の環境でキャッシュするファイルのサイズ
    • 利用可能なファイルシステムの容量
    • 環境がイメージをキャッシュする頻度