2.5. オーバークラウド作成時の環境ファイルの追加

-e オプションを使用して、デプロイメントコマンドに環境ファイルを追加します。必要に応じていくつでも環境ファイルを追加することができます。ただし、後で指定する環境ファイルで定義されるパラメーターとリソースが優先されることになるため、環境ファイルの順番は重要です。この例では、両環境ファイルに共通のリソース種別 (OS::TripleO::NodeExtraConfigPost) と共通のパラメーター (TimeZone) が含まれています。

environment-file-1.yaml

resource_registry:
  OS::TripleO::NodeExtraConfigPost: /home/stack/templates/template-1.yaml

parameter_defaults:
  RabbitFDLimit: 65536
  TimeZone: 'Japan'

environment-file-2.yaml

resource_registry:
  OS::TripleO::NodeExtraConfigPost: /home/stack/templates/template-2.yaml

parameter_defaults:
  TimeZone: 'Hongkong'

デプロイメントコマンドに両方の環境ファイルを含めます。

$ openstack overcloud deploy --templates -e environment-file-1.yaml -e environment-file-2.yaml

openstack overcloud deploy コマンドは、以下のプロセスを順に実行します。

  1. コア heat テンプレートコレクションからデフォルト設定を読み込みます。
  2. environment-file-1.yaml の設定を適用します。この設定により、デフォルト設定と共通している設定は上書きされます。
  3. environment-file-2.yaml の設定を適用します。この設定により、デフォルト設定および、environment-file-1.yaml と共通している設定は上書きされます。

これにより、オーバークラウドのデフォルト設定が以下のように変更されます。

  • OS::TripleO::NodeExtraConfigPost リソースは、environment-file-2.yaml で指定されているとおりに /home/stack/templates/template-2.yaml に設定されます。
  • TimeZone パラメーターは、environment-file-2.yaml で指定されているとおりに Hongkong に設定されます。
  • RabbitFDLimit パラメーターは、environment-file-1.yaml に定義されるように 65536 に設定されます。environment-file-2.yaml はこの値を変更しません。

この手法を使用して、複数の環境ファイルの値が競合することなく、オーバークラウドのカスタム設定を定義することができます。